著者
阪田 卓洋 SAKATA Takahiro
出版者
筑波大学附属駒場中・高等学校研究部
雑誌
筑波大学附属駒場論集 = Bulletin of Junior & Senior High School at Komaba, University of Tsukuba (ISSN:13470817)
巻号頁・発行日
vol.57, pp.191-201, 2018-03

英語教育の世界では,関係節の指導法を巡って議論がなされてきたが,その多くが制限用法の関係節についてであり,非制限用法の関係節に関してはあまり議論されていないように思われる。本稿では,非制限用法に焦点を当て,英語の修飾構造の特質を整理しながらその指導法を検討する。結論としては,①日本語を用いて非制限用法の感覚を掴ませること,②非制限用法を英語の修飾構造という大枠の中で体系的に位置づけること,が肝要であると思われる。また,英語の関係節・非制限用法には現在の英文法参考書で扱いきれていない言語現象があることも最後に付け加えておきたい。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

この論文好き 〈個人研究〉非制限用法の指導法について. 著者. 阪田 卓洋. 雑誌名. 筑波大学附属駒場論集. 巻. 57. ページ. 191-201. 発行年. 2018-03. https://t.co/sGGAS6opI7

収集済み URL リスト