著者
後藤 敏行
出版者
日本図書館研究会
雑誌
図書館界 (ISSN:00409669)
巻号頁・発行日
vol.64, no.3, pp.190-203, 2012-09

RFID(Radio Frequency Identification)を用いた図書館システムがわが国の図書館に普及しつつある。本稿は,図書館RFIDの導入館を対象に自由記述の質問紙調査を実施することによって,貸出・返却業務,蔵書点検業務,および不正帯出防止機能という,図書館RFIDの代表的な3機能について,現状における課題を考察する。44館からの回答を分析した結果,読み取り性能がより良く,関連機器がより使いやすく,壊れにくく,現状にはない新しい機能を備えたRFIDを,より安い価格で図書館が求めていることが明らかとなる。

言及状況

Twitter (4 users, 4 posts, 0 favorites)

読まなくては… RT @libinfomedia しばらく前に書いた文献:後藤敏行「図書館におけるRFID業務の課題: 導入館への質問紙調査から」『図書館界』64(3), 2012年. https://t.co/ca37FY1N5U (続く)
しばらく前に書いた文献:後藤敏行「図書館におけるRFID業務の課題: 導入館への質問紙調査から」『図書館界』64(3), 2012年. https://t.co/2x4a7p953o (続く)
図書館におけるRFID業務の課題: 導入館への質問紙調査から http://t.co/rrb2cMQps9

収集済み URL リスト