22 0 0 0 OA 一数学者の妄想

著者
小平 邦彦
出版者
東京大学理学部
雑誌
東京大学 理学部廣報
巻号頁・発行日
vol.7, no.1, pp.2-3, 1975-02

言及状況

はてなブックマーク (7 users, 7 posts)

数学部族には六感あるということが明らかとなった。
[数学][*読み物]
[math][essay][mathematics]

Twitter (15 users, 17 posts, 11 favorites)

数覚は,一寸説明し難いけれども ,論理的推理能力とは異なる純粋な感覚であって,数覚の鋭さは ,たとえば聴覚の鋭さと同様に ,いわゆる頭の好し悪しとは関係がない(小平邦彦) https://t.co/YEmdrtVBK6
小平邦彦の記事「一数学者の妄想」 https://t.co/eni7a0u5M2 に登場する色彩画家たちの議論を思い出した。この記事好きなんだよなぁ。
物理も学んだことがある小平先生のエッセイを読もう(提案):https://t.co/wl84NieIDG
これは小平邦彦先生の http://t.co/wl84NieIDG という文章の一節だが,そういう物だと思う.
小平邦彦「一数学者の妄想」http://t.co/aTIYyCIl
@animanma はい。小平邦彦さんの「一数学者の妄想」の文章も引用なさってました。http://t.co/Fc18Hkgq
http://t.co/7oaz84Zt 「数学者の妄想」小平邦彦先生でも引いてみるか。(PDF注意)
こういうのかな http://t.co/yjMjHI49
羽生善治さんの本の中で“数覚”という言葉に出会った。日本初のフィールズ賞受賞者・小平邦彦さんの言葉。検索したら刺激的な文章があった。参考までに。→http://t.co/zLKWpRKX

収集済み URL リスト

http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/27179/1/rgn7_1_1.pdf (22)