著者
中沢 護人
出版者
東京大学生産技術研究所
雑誌
生産研究 (ISSN:0037105X)
巻号頁・発行日
vol.16, no.9, pp.243-248, 1964-09-01

平炉法の発明の100年にあたり,この方法の本質的契機である蓄熱方式と,高温製鋼反応の両側面について,同法が多くの科学的技術的成果を総合しながら形成されていった事情を明らかにする.

言及状況

Twitter (4 users, 4 posts, 0 favorites)

UTokyo Repository: 研究解説 : 平炉法の発明の経過 http://t.co/EFeRpV3iVT
中沢護人『鋼の時代』岩波新書 1964 をテクノスキャンしたついでに調べてみた。東欧マイナー父系のような過去の遺物「平炉」がウクライナでも遂に終わろうとしてるとか。諸行無常の響きあり。 http://t.co/ySQH1WUNL8 http://t.co/cIEReTaER6

Wikipedia (2 pages, 2 posts, 1 contributors)

編集者: Opqr
2019-09-17 17:00:09 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: Opqr
2019-09-18 13:35:02 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト