著者
西山 雅祥 岡本 憲二
出版者
京都大学低温物質科学研究センター
雑誌
低温物質科学研究センター誌 : LTMセンター誌 (ISSN:1348317X)
巻号頁・発行日
vol.7, pp.26-31, 2005-11-01

光ピンセット(Optical Tweezers)とは、光を回折限界に集束させることで,溶液中の微粒子などをその集光点に捕捉する光技術である。この光学系を光学顕微鏡に導入することで、研究対象となる微小物体を顕微鏡で観察しながら、非接触・非侵襲で捕捉し、三次元的に自由に動かすことが可能となる。この「光の手」は、マイクロメートルスケールの物体の物性評価や生体分子の1分子計測、細胞の顕微操作など様々な分野で利用されている。本稿では、光ピンセットの原理と装置の概略を説明した後、生命科学分野での応用例について紹介したい。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[科学][物理学][研究][解説][資料] (2005/11/01公開の資料) 2018年ノーベル賞物理学賞の対象となった「光ピンセット」の原理と装置について解説した資料(予備校のノリで学ぶ「大学の数学・物理」さんのtweet経由 https://twitter.com/Yobinori/status/1047071354019819527 )

Twitter (5 users, 9 posts, 3 favorites)

【光ピンセット】光ピンセットとは、光を回折限界に集束させることで、溶液中の微粒子などをその集光点に捕捉する光技術である。微小物体を非接触・非侵襲で捕捉し、三次元的に自由に動かすことができる。 http://t.co/EWW4PSbXHu
【光ピンセット】光ピンセットとは、光を回折限界に集束させることで、溶液中の微粒子などをその集光点に捕捉する光技術である。微小物体を非接触・非侵襲で捕捉し、三次元的に自由に動かすことができる。 http://t.co/EWW4PSbXHu
【光ピンセット】光ピンセットとは、光を回折限界に集束させることで、溶液中の微粒子などをその集光点に捕捉する光技術である。微小物体を非接触・非侵襲で捕捉し、三次元的に自由に動かすことができる。 http://t.co/EWW4PSbXHu
【光ピンセット】光ピンセットとは、光を回折限界に集束させることで、溶液中の微粒子などをその集光点に捕捉する光技術である。微小物体を非接触・非侵襲で捕捉し、三次元的に自由に動かすことができる。 http://t.co/EWW4PSbXHu
2Wのレーザーポインタで光ピンセットを作ると数10μmのマイクロチップを摘むことができそうだ。 宇宙ならもっと楽に動かせるので、レーザーで駆動しながらエネルギーを送信する宇宙探査用フィールドサーバ作れるね。http://t.co/sN1tcNrXfK

収集済み URL リスト