著者
小谷 章夫 朝井 宣美 中村 安久 大塚 正章 密山 幸男 尾上 孝雄
雑誌
情報処理学会研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)
巻号頁・発行日
vol.2004, no.115(2004-HI-111), pp.63-70, 2004-11-12

近年、携帯電話などのモバイル端末が文字情報流通の主役となりつつあり、モバイル端末の小さな筐体に組込まれた低解像度表示デバイス上に限られたドット数で可読性の高い文字を表現することが求められている。そのためには個々の表示デバイスにあわせた専用フォントの開発が不可欠であるが、主観に頼らざるを得ないフォントの開発では,多大な工数がかかることが問題となっている。本研究では、フォントの読みやすさを決定する要因として最も重要な「文字重心」に注目し、文字輪郭を用いた重心位置評価手法を提案する。これにより、主観評価による文字重心位置を計算によって特定することができ、フォント開発工数の大幅な短縮が可能になる。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 2 favorites)

昨日詳細なところを思い出せなかった、シャープ「LCフォント」の開発を手掛けた方々による文字の重心の話。最初に目にしたのは、情報処理学会誌に載った「文字輪郭を用いた重心位置評価手法の一検討」https://t.co/t7s0Bcg9H0(←大筋で言いたいことは判るんだけど、細部に色々と疑問が。)

収集済み URL リスト