著者
伊藤 毅志 松原 仁 ライエル・グリンベルゲン
雑誌
情報処理学会研究報告ゲーム情報学(GI)
巻号頁・発行日
vol.2002, no.27(2001-GI-007), pp.41-47, 2002-03-15

将棋の次の一手を決めるとき、人間はどのように読みを進め、指し手を決定していくのだろうか?本研究では、アマチュア初級者からプロ棋士までの棋力の違う被験者に対して同じ問題を与え、特にその読みの広さと深さを発話データから調べ、比較した。その結果、上級者ほど深く読むことがわかった。また、中級者(アマチュア初段前後)が一番広く読むことが示され、上級者になるほど、狭く深く読むことが可能になることが示唆された。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 2 favorites)

ちょっとこの研究面白いなぁ 『将棋プレーヤーの棋力の違いによる読みの広さと深さ』って言う論文なんだけど、読みの広さって中級者になると広くなるんだけど、上級者になると候補手が絞れるようになって狭くなるんだと https://t.co/oMQpX5rJLa
東京電通大の伊藤毅志先生の研究を読むと、もしかして発達障害者の「こだわり」とか「視野の狭さ」とか言われるのって、将棋上級者の行っている最善手の刈り込みで手を狭く深く読み込んでいるって事なんじゃないかと感じる。 中級者の考える手は広く、上級者の手は狭く深い。 https://t.co/UNTV5L6JNd

収集済み URL リスト