著者
美添一樹
雑誌
情報処理
巻号頁・発行日
vol.49, no.6, pp.686-693, 2008-06-15

囲碁は,主なボードゲームの中でコンピュータの挑戦を拒み続けてきた唯一のゲームである.囲碁の難しさは良い評価関数を作ることが困難であるということに起因していた.しかし2006年にコンピュータ囲碁の世界にまったく新しいアルゴリズムがもたらされた.評価関数が不要という画期的な探索アルゴリズム,通称,モンテカルロ木探索と呼ばれるものである.登場から2年あまりで9路盤ではプロ棋士を破るほどの強さを獲得した.そのアルゴリズムの性質や理論的背景について述べ,今後の展望を探る.

言及状況

はてなブックマーク (4 users, 4 posts)

p687 表2.探索空間の広さの推定
“モンテカルロ木探索” についての解説

Twitter (9 users, 11 posts, 8 favorites)

美添一樹: モンテカルロ木探索-コンピュータ囲碁に革命を起こした新手法, 情報処理 (49) 6, 2008年 https://t.co/CnG0hgAnh3
“モンテカルロ木探索” についての解説 / “情報学広場:情報処理学会電子図書館” https://t.co/5TZ2FSzif1
【モンテカルロ木探索 - コンピュータ囲碁に革命を起こした新手法】 https://t.co/vB075kspFY
2 2 https://t.co/lScMFdoLvk
2 2 https://t.co/aJxKGNuDrY
1 1 https://t.co/0Wpt5MQlzz
@kyow_KU こっちのほうがちゃんとしてましたhttps://t.co/nMuUQFE4d1

収集済み URL リスト