著者
梅島 彩奈 宮部 真衣 荒牧 英治 灘本 明代
雑誌
研究報告 データベースシステム(DBS)
巻号頁・発行日
vol.2011-DBS-152, no.4, pp.1-6, 2011-07-26

Facebook や Twitter 等,マイクロブログの普及により,ユーザはインターネット上でリアルタイムなコミュニケーションを容易に行う事が可能になっている.特に Twitter は 2008 年に国内でのサービスを開始して以降,急速にユーザ数を伸ばしている.災害時において,電話・手紙・メールを使用できない場合でも,Twitter は使用することができる.このように Twitter は多くの人々と様々な情報を共有できる半面,デマの拡散を助長することもある.そこで本論文では,ツイートのデマとデマの訂正に注目し,これらの拡散に関する 6 つの仮説を立て,その仮説に基づきデマとデマ訂正ツイートの傾向を分析することで,デマの拡散を防止することを目指す.

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 2 favorites)

https://t.co/80FHZaxYub 【災害時Twitterにおけるデマとデマ訂正RTの傾向】 デマツイートの特徴とか書いてあるからよく読んで。次に何かあったときに見極めることができるように。
昨日の「研究ブログ」(https://t.co/5f70LGJreG)で紹介した梅島ら(2011)の文献は、以下からご覧いただけます。 https://t.co/3TRmB9RoD3
うう、あいぽんのcromeじゃ読めない。 https://t.co/zgBWq55Sso

収集済み URL リスト