著者
宮崎 敦広 松原 仁
雑誌
ゲームプログラミングワークショップ2012論文集
巻号頁・発行日
vol.2012, no.6, pp.137-140, 2012-11-09

ポーカーのような不完全情報ゲームにおいては,得られている情報から優勢劣勢の判断をして行動を決定することが重要である.本研究では,テキサス・ホールデムというポーカーを題材に勝率を基にした優劣推定から行動を選択するコンピュータプレイヤを作成し,評価を行った.優劣推定の正解率から優勢と判断していい状況の基準を定めることができた.さらに勝率に加え相手の賭け金を考慮することによって,対人戦において失点を抑えることに成功した.

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

https://t.co/3zyKiftqtG
https://t.co/CU9oASbRFi ナンピンせずに直ぐに投げれば損失減らせると数字で証明されてるの知ってる事で少しでも人より判断速く決断出来る。 後は、どの位?ってのを自分で決めたいと思う。

収集済み URL リスト