著者
矢野 環
雑誌
研究報告人文科学とコンピュータ(CH)
巻号頁・発行日
vol.2013-CH-99, no.4, pp.1-8, 2013-07-27

AKB のシングル選抜総選挙は、今や 6 月の恒例行事となっている。メンバーの得票数を予想する様々な試みがなされている。講演者の方法は、2011,2012 年度上位 16 名、かつ 20 名の顔ぶれを的中させ、また 2013 年では 16 名中 15 名が的中であった。また、2012,2013 ともに上位 3 名は順序を含めて的中である。このようなシステムを考察する場合、特殊な分析手法をあれこれ使うよりも、データそのものをよく見ることが有効である、という良い例にもなっているのである。また、対象をよく知ることも重要である。それらを考慮した、実際の方法について解説する。

言及状況

Twitter (5 users, 5 posts, 2 favorites)

速報票数値ないのはやはり痛い。。。 こういった盛り上がり方もできない() https://t.co/LlWwP7Vw2t
やっぱりあった。こういう論文 https://t.co/ZDJw3TIenv
矢野環(2013)「AKBシングル選抜総選挙の構造と得票予想—その保守性と頑健性」『情報処理学会研究報告』2013-CH-99(4), 1-8. http://t.co/GKBNvqh60c
「AKBシングル選抜総選挙の構造と得票予想その保守性と頑健性」 https://t.co/JIJDV1V10I

収集済み URL リスト