著者
泊 久信 平木 敬
雑誌
情報処理
巻号頁・発行日
vol.55, no.2, pp.168-175, 2014-01-15

古くなった計算機は,多くは保存されることはなく,産業廃棄物として処分されている.保存される一部についても,動作する状態を維持されることはまれで,プロセッサなど代表的部品のみでの保存や,運良くシステム全体が揃っていても,長い期間通電させないことにより動作しなくなっている場合もある.本稿では,古いコンピュータを動作する状態で保存(動態保存)する取り組みについて紹介する.また,計算機の動態保存により得られる知見の一例として,新旧の計算機で性能と電力を統一した条件で測定し,比較した結果を示す.

言及状況

Twitter (5 users, 5 posts, 1 favorites)

NEWS831やSGI O2とかをチマチマ動態保存するんではなく、大規模にやるといろいろと楽しそうですね。たくさんのフレンズが(違 「歴史的計算機の動態保存から得られる知見」 https://t.co/u1EbD1kRDF 『我… https://t.co/ChtIps7wt4
@hgot07 ちょうどこれ読んでた。Computer Zoo https://t.co/dTN3TuF5vU
胸が熱くなるな… 情報学広場:情報処理学会電子図書館 - 歴史的計算機の動態保存から得られる知見 http://t.co/8qpjPbTa2a
非会員は ¥630 か | 歴史的計算機の動態保存から得られる知見 http://t.co/cL1Zv4BOBG
@amedama 大体そんな感じですね https://t.co/r8lG949boP

収集済み URL リスト