きしもと (@ksmakoto)

投稿一覧(最新100件)

RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 算術演算回路検証の技術(濱口 清治),1995 https://t.co/GfQJOhwfKR ペンティアムの4進SRT法に基づく除算回路での設計誤りは、ルックアップ・テーブルの内容に書き間違いがあ…
む。 | CiNii 論文 -  伊藤博文をハクブンと呼ぶは「有職読み」にあらず : 人名史研究における術語の吟味 https://t.co/8c0OeK6sgj
RT @_ko1: "システムソフトウェア研究の移り変わり" https://t.co/JJyEoLRlRe むちゃくちゃ面白いな!
An Analytical Method for the Oscillations of Water …… using an Electric Network and an Electronic Analogue Computer https://t.co/rZzvtbFxIY
RT @awajiya: [ CiNii 博士論文 - エレクトロニクスによる海の波の記録ならびに解析方法|石黒, 鎮雄 https://t.co/C3NRdq8B5O " 学位授与年月日 1958-08-29" ]ははぁ こういう先進的研究を.
RT @AtsushiOhori: ML系言語のコンパイラSML#を開発していますが,この講義では古典的なLR構文解析の原理を詳しく扱います.その意図は,「LR構文解析の原理」(以下のJ-Stageのリンク)の「はじめに」をごらんください. https://t.co/Ra9yD…
RT @esumii: 論文本体(無料公開)はこちら:https://t.co/GgGiKyXS5w 元となった大堀先生のコンパイラの授業はこちら:https://t.co/N5wTq7w5Kb 「既存のコンパイラの教科書では,例えばこの基本的な原理の基礎となるアイデアなどが極…
RT @sinya8282: 拙著サーベイ論文「オートマトン理論再考」が今日付けでJSTAGEに公開されました! どなたでもアクセスできると思いますので,ぜひぜひ読んでみてください. https://t.co/5WHN1lbyYY
RT @works014: この文書そのものが読み難いという皮肉… / “2F3-1 高精細LCD上の明朝体フォントの読みやすさと好ましさ” https://t.co/4x7CfLztdY
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @__tai2__: 法令は形式言語で記述して欲しいみたいな放談をslackでしてたら、法令工学って名前で実際に研究されてると教えてもらった。ほほー。 https://t.co/y0Hdg5Fdnz https://t.co/BXQx89oTIU
RT @shizentai: やばい。難波弘之が書評論文として約2万字にわたり、蛇おじさんの「電子音楽イン・ジャパン」を一つひとつ丁寧につっこみまくっていた。マジかよ。 https://t.co/YOQNK9ZJ5j
RT @_ko1: "IoT向け大容量小型コンピュータOliveにおけるOpen Channel SSDの実践 " https://t.co/moX8qleXVt Open Channel SSD って知らない単語だ... というか、及川先生の所属にびっくり。あれー、移られたの?
おっ | 日本のスーパコンピュータ開発史 https://t.co/apPUXtWD9Y
RT @kurubushi_rm: 枚方市立図書館が元はどんなすごいところだったかは、ネットで読めるものだとこれなど参照。 https://t.co/Oz9e2zJ56n https://t.co/kaV8fp95xs
このページの、その次にある「国鉄で使われているデイジタルテクニック」というのも興味深いな https://t.co/zQQAz4BtSz
あれ? この文献、今初めて見掛けた気がする | 「デイジタルテクニックは物理測定にいかに適用されるか : FACOM-128のアドレス変更法について」 https://t.co/zQQAz4BtSz
RT @lizard_isana: 木村 和宏, "準天頂衛星ネットワークシステムの軌道に関する研究" https://t.co/b0oetNJetH 準天頂衛星の軌道を保持するための制御量を静止衛星並みに抑えられることを示した論文。ここに書いてある理屈が準天頂衛星プロジェクト…

411 0 0 0 OA 珍品のらくろ草

RT @nue213: 小野耕世先生が子供の頃読んだ中で、特に面白かった作品の一つと挙げていた『珍品のらくろ草』は無料公開されている。植物学者の先生は大変良い事言ってるので皆さん読みましょう。 https://t.co/EzFyQyjI1v https://t.co/3hrLn…
RT @sakinotk: 文章まわりの仕事をしておられる方は、ぜひご一読を。 「正しく伝わる日本語のために:共同通信社記者ハンドブックの成り立ち 」 成川 祐一 情報管理 Vol. 60 (2017) No. 2 p. 69-78 https://t.co/Mfde51c8Y…

1 0 0 0 OA eの計算のこと

https://t.co/TQarBKuukK ここに「eの計算のこと」という1962年の記事がありますように、伝統芸能(?)ではある
お、『情報処理』にだいぶ昔に載ったシストリックアレイの解説が https://t.co/y4ftIt6vAn
タイムシェアリング・システムの問題点をめぐって https://t.co/O9u3GNnKsF 5020TSSの設計者と電総研ETSSの設計者が参加している座談会ですと!?
「目測による設定の精度」 https://t.co/6qUWb5CyZj
で、その時代に、電子じゃないけど、という感じで「電算」という語を使い始めたのではなかろうかと思うと、この資料にはある https://t.co/f5SIvtuiJ0
巨大コンピュータっつったら、電気試験所設計、富士通建造のETLマーク2(リレー式)はでかいぞ(出典: 『情報処理』Vol. 17, No. 6, 「リレー計算機 ETL Mark Ⅰ, Mark Ⅱ」… https://t.co/5OxAbr4lWl
@sigeosato 『〜かく戦えり』だとインタビュアが事前に確認していたっぽい資料が、今だとすぐに見れてコレなんですが、稼働状況にはそんなに踏み込んでないんですよね... https://t.co/SnHMF2XLGv
RT @tweeting_drtaka: それで、大まかなあたりをつけて調べたら、こんな仕事が見つかりました。まさかの北陸の師匠! https://t.co/tq4AF5QTy9
RT @har_u: コンクリート学会の論文おもしろかった。ロケットとダムの共存「ロケットエンジン燃焼試験設備土木工事の設計・施工」https://t.co/5NiNLkC6hr
RT @sinya8282: λμ計算のモデルについて https://t.co/9iRTlO3gEc

3 0 0 0 OA 祝辞

学会誌『情報処理』の創刊号には科学技術庁長官中曽根康弘氏からの祝辞が載ってるので( https://t.co/z6d9ORYomq )情報処理学会もその頃始まったわけだ
RT @michisato: あ、ついにVR学会論文誌が一般公開されて拙著のハンガー反射論文が誰でも読めるようになったくさい。中学生でも読めそうなおもしろ論文なので読んでねー。 https://t.co/rlLFFGSRc2 https://t.co/nkjUPcFrIn
RT @shiki_okasaka: 一応比較として、66年前の1951年の調査では「日本国民の非識字率はきわめて低いが、literacyを持つと認められる者の率も極めてひくく、6.2%しかない」というような状況だった。 https://t.co/jd1nlJVvmS
RT @drinami: "東京大学工学部に計数工学科が設立されたのは 1962 年であるが,このとき情報工学科という名前は教授会で一笑にふされて全然問題にされなかったという(高橋秀 俊,東京大学公開講座『情報』)." https://t.co/xF4NeIBo9x
RT @shiki_okasaka: 1988年に「標準化すべきことはキーボードを計算機につなぐ接続方法」とTUT-codeの大岩先生が述べられたのは、既存のものをそのまま使い続けられるようにするための条件だったとも言えるように。 https://t.co/WfNtQPbh7c
@n_soda インデックスって所の掲載号情報の所にある「Permalink : https://t.co/DB4dvNiGHs 」のパーマリンク使いませう
あ、後藤寿庵さんがCGレンダリング用並列コンピュータLINKSについて書かれている。LINKSはIPSJが最近ネットに置いてるコンテンツがいくつかあって… https://t.co/BfGhsTgpzH https://t.co/3ROSY7LILp (続く
これはARCの報告かな? 「TRON仕様に基づく32ビットマイクロプロセッサTX1のCPUアーキテクチャ」 https://t.co/BmYeu8Gq9Z
https://t.co/056nHKg9cE コレは一番見に行きやすいのは国研かなぁ?
@zk_phi 述語や「変数の1文字目」以外に日本語の文字を使えるPrologの処理系実装は普通にあります。また、Prologとは違う言語ですが(影響は受けている)「論具」という言語があります https://t.co/NGWJU8NE1x
RT @akiyama924: どこまで関わったのかは分かりませんが、PB曲線の論文執筆者として坂村健先生や相磯秀夫先生のお名前が。 https://t.co/mccUZFuSKY
@ytomino メモリがめちゃくちゃ少なかった時代の応用としては、一部の計算についえ早い、といより、できる、という所だったようです https://t.co/b4S2EPDLce 確か TAoCP の中にも言及があったかも
@kamadox @kumasiro 最近NIIのアーカイブが充実してきていて、こちらから元の資料が読めるようになりました https://t.co/LtHKMx0xFt
RT @tmaehara: スリザーリンクというペンシルパズルに対して新しい解法を提案した論文 https://t.co/W4VdIJsVGO,計算時間を 「既存手法 vs 提案手法 vs 著者(手で解く)」 で比較してて笑った.
RT @satoshikisaragi: かつての名番組「象印クイズ ヒントでピント」のあのコンピューターシステムの裏側が明かされた資料が掲載されたサイトを見つけた。 https://t.co/NHT3mWTsOK サイト内のPDFに貴重な写真と共に資料が掲載されていて、あ…

57 1 0 0 OA 海軍制度沿革

RT @uakira2: 『海軍制度沿革』中「艦艇名文字書体に関する件」に触れられているのは巻8の僅かな箇所(第三第七節の一部)https://t.co/axsWjhVgqk のみである模様。例の仮名書体の原図は無い。「艦船造修試験検査規則第60条」を探さねば。 https:/…

1 0 0 0 OA eの計算のこと

初期のコンピュータでeを1000桁計算って、しかしよくやったものだよな(この記事にちょっと詳しく書かれている https://t.co/TQarBKuukK )
ふむコレか | CiNii 論文 -  A-007 JavaScriptへのオウン変数機能と関数クローニング機能の追加 https://t.co/2w5wvUXvdl
メモ: CiNii 論文 -  MIDI音源の発音遅延と音源アルゴリズムに関する検討 https://t.co/nVthOZQLUc
@sigeosato こちらに学会誌の記事が…… https://t.co/a663SoOt6k
ほむ? 「不揮発性デバイス向けObject Storageの実装と評価」 https://t.co/cIdeSDZbNk
RT @yojiro: 「この漢字フォントエディタの作成を担当したのが,当時東工大の学生であった橘浩志氏であった。結局,漢字フォントエディタの作成過程でテストのための漢字フォントが3,000文字ほどが完成したため」<RT https://t.co/leErYxsOqa
RT @trinh_JP: 「オリエント」をふりかえって: 三笠宮 崇仁, 杉 勇, 板倉 勝正, 川村 喜一https://t.co/MQIVfOE6vn すげー面白い
RT @ibaibabaibai: 数学的にきちんとしたモデル選択の話としては 柴田里程氏の昔のこれ https://t.co/n4QYJLwkHl がよくまとまっているのでは(個人的には数学的にきちんとしていることに特に興味はないけど)特異モデルとかは出てこないけど,それはい…
https://t.co/EF8G36Oxb8 こちらの抄録に「……. この約110年におよぶ相模湾産ヒドロ虫類についての研究史についてはHirohito,his Majesty the Emperor Showa (1988)や山田(1996)により概観されている.」とある
昭和4年には『趣味のテレビジョン』という本が出ている…… https://t.co/3u7uDjFomF
RT @dico_leque: CiNii 論文 - 多相レコード型に基づくRubyプログラムの型推論 https://t.co/x0FBPvfvyo 2008年かあ
あれ? CiNii で出てくるな。さっきは検索の掛け方がミスってたか? https://t.co/TitCGuQRuf
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 鉄道ファンの旅行における観光行動としての特性に関する研究(片桐 由希子ほか),2016 https://t.co/yU8BQJwxSK
というかあれだな。コレを紹介すればいいんだな...『情報処理』1974年8月号「日本における計算機の歴史:わが国初めての電子計算機 FUJIC」 https://t.co/SnHMF2XLGv
@indokenryo コレに似てます? https://t.co/NGWJU8NE1x
RT @fffw2: 詩歌ではなく数学の文脈で「題意」が使われている古い文献を探してみたところ、『算法求積通考』(天保15年)の序文に記載を見つけた。「題意に応じて其の理を究む。是れ算法の本意なり。」 https://t.co/VUsqoqnOJU https://t.co/L…
@MAMEDEKA こちらのようです。2004年のようなのですが、頁の下のフッタはなぜか2003になってますね。バグでしょうか。「20世紀の名著名論:F. J. Corbato and V. A. Vyssotsky : ...」 https://t.co/SMRTNE3FB9
@n7k7 あと参考にしても悪くなさそうな典拠としてはCiNii Booksのタイトル別名とか。The Iwanami software science series https://t.co/vmH9iks2Np
@117Florian 当初の設計では3ミリボルトほどあった信号出力が、スキャンを倍にして容量を倍増したらサブミリボルトになった、とか涙ぐましいことが書かれています https://t.co/SdDCIEJgBN
RT @metatetsu: おいしさを科学する調理科学って本当に憧れる。「銅ボウル使うとメレンゲがうまく泡立つ」ことは古くから知られていたが、銅イオンが作用していることを解明した▼日本調理科学会│銅ボウルで調製した泡立て卵白の安定性におけるオボアルブミンの役割 https:/…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 3次元CGを用いた通信カラオケの開発(白井 豊ほか),1998 https://t.co/JgKdPztoEu パソコンを中心にして、3DCGアニメーションが民生用途へ広がりをみ…
https://t.co/D7U83rXwZy 雑誌の『プロンプト』を探していたらなんか違う謎を見つけてしまった
RT @hadukino: 水ロケットもやるときゃやるみたいな。 水/液体窒素ロケットエンジンの基礎推力特性 - pdf https://t.co/yfIMghnNjH
RT @epolard: 日本で最初にプラスネジを普及したのは本田宗一郎であるという伝説について検証と若干の訂正。これは面白い。 「本田宗一郎とプラス(クロス)ねじ ーホンダの現場にプラス(クロス)ねじの導入時期を巡ってー」 https://t.co/rZagjHMNB3
@ksmakoto あ、転記ミスだな。正しくは「非点収差のない老眼用掛眼鏡レンズの設計」 https://t.co/tZkoMo1t6W
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 索引の研究(8) : 大宅壮一文庫の索引(その1)(戸田 光昭),2004 https://t.co/U4V38MZDEx
RT @ranha: 野崎昭弘先生がKrohn-Rhodesの定理周辺で貢献があるってマジ.無知でした. + https://t.co/DuofdnqCCt + https://t.co/XLiKrLVwgX
RT @knok: jsai2016:1K3-2 日本語の単語依存構造解析のための長単位解析 - https://t.co/jDg9gdPGLq
RT @kamakiri_ys: 6月15日からダウンロード可能 / 情報学広場:情報処理学会電子図書館 量子コンピュータの誤り訂正技術 -物理に即したトポロジカル表面符号- https://t.co/yimkzDA2Fa
RT @kotatsu_mi: このOCRの失敗みたいなの誰か直そうぜ…… >> リアルタイムオペレ -ティングシステム- I - TRON https://t.co/MQTulHVYIn
引用元は https://t.co/PzaFjgtzKK https://t.co/gEcy9DN73S
ふむ。筧先生が『情報処理』に書かれた、日本学術会議と「情報学」の新展開、という記事があるな https://t.co/Iot5HloBbn
RT @_masaka: 視点 デジタルな楽譜の風景 https://t.co/ITBmintAVA 情報管理2016年6月号に寄稿した記事が公開されました。作曲家の自筆譜と印刷譜の関係から資料の校訂、デジタル化、共有とメタデータなどについて綴った読み物です

2 0 0 0 予約機械

この『予約機械』という本、時期と著者的に国鉄のマルス1の本と思われるが、2冊それぞれ別の本かな? どうだろう https://t.co/ivETrTQDob https://t.co/pHunJnKqQ8

2 0 0 0 予約機械

この『予約機械』という本、時期と著者的に国鉄のマルス1の本と思われるが、2冊それぞれ別の本かな? どうだろう https://t.co/ivETrTQDob https://t.co/pHunJnKqQ8
@kud1435 (参考までに)真空管によるごく初期の計算機の一例の報告としてたとえばコレ https://t.co/SdDCIF0S0n

1 0 0 0 Monad books

海鳴社 Monad books かなり多彩な60冊だ https://t.co/242DMDjPxH
RT @yoriyuki: @jmuk 教科書がMS office + Windows + VBA(!)に特化していたりするようです。https://t.co/SlU8QEB2R7
ふむ | コンラート・ツーゼにおける計算機観 - 計算機械から汎用情報処理機械へ(科学哲学科学史研究) https://t.co/EfZtmr5uz9

1 0 0 0 OA eの計算のこと

1960年代初頭頃の日本の計算機でeを計算するのが流行った話の詳細が載ってる記事があった https://t.co/TQarBKuukK
https://t.co/cNKFNqPcNx 池野信一先生の著作リストを見て興味がある人は、池野信一先生記念著作集をぜひチェックすべし https://t.co/QTNXaiJdd7
あ、論文誌のほうのもオンラインにPDFがあるな https://t.co/BpMuLQqqV9
この『学習コンピュータ』という雑誌、1970~1980ということはマイコンより古い時代に創刊だな... https://t.co/Dal3CJXvAd
RT @loderun: 情報処理学会の学会誌に掲載された「アーケードゲームのテクノロジー(その1)増補改訂版 」。長くない論文だけどPDFを閲覧可能。https://t.co/p9BzMCztNb
RT @matuda: 昭和21年の本にしてはシャレた絵柄だなと思ったら、まだ二十代の頃の長沢節の描いた挿絵 https://t.co/JIuFwJWXd8 https://t.co/65yXLoo6Cy
@houmei 1973年のAPLの紹介が... https://t.co/1yydkspUkT
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? スーパーファミコン向けデータ放送の概要(谷口 和彦ほか),1995 https://t.co/Cwr0iLNLuv A satellite data broa…

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(627ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

国内のファブラボにおけるデジタルものづくり初心者に対する支援の現状 https://t.co/1NQpivoujd
RT @kagamin_hr: こんなに楽しい文献があったのですか。不勉強にて知りませんでした。 現代集合論における巨大基数(<特集>あたらしい数理論理学の揺籃:証明論的な順序数と集合論的な順序数) 薄葉 季路 藤田 博司. https://t.co/a4tl34sYu1
「(c)巨大基数は呼ばれなくてもやってくる」って、呼ばれなくてもやってくるんだったら、わざわざこんな巨大基数研究の擁護なんかする必要がないじゃないですか…(a)(b)(d)の精神と矛盾しまくってませんか…(激怒) https://t.co/mecdLmBUT2
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 算術演算回路検証の技術(濱口 清治),1995 https://t.co/GfQJOhwfKR ペンティアムの4進SRT法に基づく除算回路での設計誤りは、ルックアップ・テーブルの内容に書き間違いがあ…
CiNii 論文 -  自閉スペクトラム症の方言不使用についての解釈 : 言語習得から方言と共通語の使い分けまで https://t.co/VDqol8l1gM
RT @zealotofBW: @RASENJIN 「中国空軍の建設と日本」という論文にも、馮如のことが少し触れられていました。 https://t.co/MrofLTMUm9
基本的な部分から丁寧に書いてあり読みやすかったです。「3 場の表現」がオリジナルな内容でメインテーマです。私の素養不足から理解度はいまいちですが、場の量子論のミニチュア版みたいで面白かったです。 シュレーディンガー方程式の数理構造 https://t.co/6TNlHyOSBE
RT @disaster_i: 10年以上前にやりかけた研究 https://t.co/3tcAwD6Aav によると,AMeDAS極値更新観測所の出現率は観測開始20年以降で年5%程度でした.2012-2017の6年間ですから,1300箇所×0.05×6=390箇所なので,格…
ゴート語を調べていて見付けた資料。とても読みやすい! ゲルマン語の歴史と構造 (3) : ゲルマン祖語の特徴 (2), 古ゲルマン諸語 (1) https://t.co/kF6QgWgQxZ

フォロワー(699ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

国内のファブラボにおけるデジタルものづくり初心者に対する支援の現状 https://t.co/1NQpivoujd
RT @tetsu_fr: 電気腕木式入換信号機というのがまた貴重でなのであります。 腕木というと大体機械式なのですが… (「保安装置ノ保守」鉄道省仙鉄保安装置研究会 編) https://t.co/Foe81ZFAhi
RT @kagamin_hr: こんなに楽しい文献があったのですか。不勉強にて知りませんでした。 現代集合論における巨大基数(<特集>あたらしい数理論理学の揺籃:証明論的な順序数と集合論的な順序数) 薄葉 季路 藤田 博司. https://t.co/a4tl34sYu1
RT @tmaehara: 松尾さんについては、この名文を読めば十分 https://t.co/DsptJSWAxC
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 算術演算回路検証の技術(濱口 清治),1995 https://t.co/GfQJOhwfKR ペンティアムの4進SRT法に基づく除算回路での設計誤りは、ルックアップ・テーブルの内容に書き間違いがあ…
RT @ykamit: 私の国際交流ノート(15) : 英語論文の書き方ノート https://t.co/u3GfEPpIUB 「良い英語論文(日本語 論文でも)を書くためには,「文章構成 (organization)」と「パラグラフ (paragraph)」の概念が 最重要」
CiNii 論文 -  自閉スペクトラム症の方言不使用についての解釈 : 言語習得から方言と共通語の使い分けまで https://t.co/VDqol8l1gM
RT @LockSchloss: CiNii 論文 -  自閉スペクトラム症の方言不使用についての解釈 : 言語習得から方言と共通語の使い分けまで https://t.co/xbQ9MwoZzI
RT @LockSchloss: CiNii 論文 -  自閉スペクトラム症の方言不使用についての解釈 : 言語習得から方言と共通語の使い分けまで https://t.co/xbQ9MwoZzI
基本的な部分から丁寧に書いてあり読みやすかったです。「3 場の表現」がオリジナルな内容でメインテーマです。私の素養不足から理解度はいまいちですが、場の量子論のミニチュア版みたいで面白かったです。 シュレーディンガー方程式の数理構造 https://t.co/6TNlHyOSBE
RT @disaster_i: 10年以上前にやりかけた研究 https://t.co/3tcAwD6Aav によると,AMeDAS極値更新観測所の出現率は観測開始20年以降で年5%程度でした.2012-2017の6年間ですから,1300箇所×0.05×6=390箇所なので,格…
ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム(HFSP)の運営をめぐる争いにみる研究観。 https://t.co/erlRscy2sx
RT @Dirg_rocketdyne: たまには、LE-2ロケットエンジンのことも思い出してあげて下さい。 リンク先の論文はLE-2の再生冷却構造の概要、計算式等について書いています。 https://t.co/s2Ga7TFCtN https://t.co/XVYErn…
ゴート語を調べていて見付けた資料。とても読みやすい! ゲルマン語の歴史と構造 (3) : ゲルマン祖語の特徴 (2), 古ゲルマン諸語 (1) https://t.co/kF6QgWgQxZ
RT @shomotsubugyo: @kurubushi_rm ・The Oxford guide to library research / Thomas Mann. -- 3rd ed. -- New York : Oxford University Press , 20…