きしもと (@ksmakoto)

投稿一覧(最新100件)

1 1 1 0 OA eの計算のこと

@ksmakoto 《談話室》eの計算のこと(和田英一) https://t.co/TQarBKuukK
RT @georg_logic: 不完全性定理が数学基礎論の各プログラムに与えた影響について,手短にかつ精緻に論じた論文.飯田隆,「不完全性定理はなぜ意外だったのか」(『科学基礎論研究』)https://t.co/M6DkxiiyXo
ローパスフィルタに通して滑らかに動かしている時計、まさしくコレだw https://t.co/pdMyaYqSTR
RT @_ko1: https://t.co/mpR9Lstx2f 「FreeBSDにおけるLinux互換コンテナを対象としたマイグレーション機構の実現」 これは凄いなあ。ガチ勢だ
RT @yosuke: 前のツィートの遊星歯車機構の名前は「不思議遊星歯車機構」と言うらしい。効率が悪いのが欠点だったのが、近年大きく改善する発見があったのだとか。英語で書くとMechanical Paradox Planetary Gear。「Paradox」を「不思議」と訳…
RT @windmillumim: @nkmr_aki @arbazard めっちゃ面白い論文見つけたので宜しければどうぞ。 https://t.co/bs5DGcZnEW
RT @shinjiyamane: 情報処理学会誌『情報処理』1号には、IGDA日本 @IGDA_JAPAN SIGARG世話人・ @lacitadelle_jp 代表の竹内さんも寄稿してゲーム業界要素が多かった https://t.co/JB9QrTjZBX #IGDAJ h…
半世紀以上前の学会誌創刊号の「電子計算機の将来」 https://t.co/bSuvRIt55t にある「書けと言われても、そんな予言の当たったためしはない」というブン投げかたが大いに参考になる?
@tsujimotter 広辞苑から最大のしりとり可能集合を取り出す、という研究の報告が10年ちょっと前にありました https://t.co/AoXL5OW2Lx
@came1223pg こちらの「日本語に基づく論理プログラム表現」がちょっとそれっぽいですね……。日本語ですが https://t.co/NGWJU8NE1x

1 0 0 0 祝辞

情報処理学会設立時の科学技術庁長官は中曽根康弘氏 https://t.co/ILjhb0DNfR
ロゲルギストの磯部先生(物理の散歩道シリーズに収録の独楽の話の筆者)による、1999年の記事「コマの運動と摩擦」(日本トライボロジー学会『トライボロジスト』)も見つかった。いちどこのあたり文献リスト作るか…… https://t.co/CpiBHXyujG
RT @ksmakoto: 引用元は https://t.co/PzaFjgtzKK https://t.co/gEcy9DN73S
RT @odakin: https://t.co/GmTH0lYb7o 内山龍雄先生のご遺稿が公開されているのを発見。 めっちゃくちゃオモロイ。 続きが読みたい!と思ったがここまで書いたところで亡くなられたのだな。。
RT @h_okumura: 情報処理学会論文誌「教育とコンピュータ」(TCE)Vol.4 No.3 に私の書いた「Post-Truth時代の情報リテラシー教育」 https://t.co/gv6e353s74 が掲載された。そのうちオープンアクセスになるはず
RT @k1ito: 最近NNの数学的定式化が一部で流行っているっぽいので昨日リプライで送られてきた論文紹介するけど。これ数学プロパーが深層学習を勉強するときに一番良いPDFではと思えるレベル。よくここまでサーベイできるなと。。。(200ページ以上あるので重い) https:/…
RT @ayafuruta: 有名猫が出てくる解説としては,竹内繁樹「21世紀, 量子猫は計算をするか?」 https://t.co/kfpNfYcpAV 日本の量子コンピュータ研究の黎明期に物理学会誌に書かれた解説記事。わかりやすいて面白い。物理学者の間でも,量子コンピュータ…

1 0 0 0 OA 硬銅線

個人誌の参考にしようと古い学会の雑誌(学会の定期刊行物が論文誌と学会誌に別れる前は「雑誌」という名前が多かった)を見てみたら、これは流石に古すぎた…… https://t.co/3KGhwycm4J
む、なんだこれは……伏見先生と量子論理 https://t.co/2ylMF7vLn3 あの小澤正直先生による解説記事っぽいが(量子論理と型理論のような解説を探していて見掛けた)
RT @tsysoba: 井上円了が考案した、哲学占いの筮木とかもあり。詳しくは、哲学うらなひ https://t.co/NLe1PKedo6 を参照のこと。これまでの「古人の妄想」に基づく占いを退治するために、近代的な知識に基づく占いを新たに作って普及させようとしたもの。 h…
@pswiki 実は「電気通信学会」から「電子通信学会」になった後、学会誌が6ヶ月間だけ前のまま継続し、その後に5誌に分かれた、という経緯があって、出典の調査で、たまにはまるという…… https://t.co/QY37arBTqc

7 0 0 0 2018年

ふむ、最後の写真で脚注にネタ元が書いてあるが、米国外交問題研究所 編「2018年」タイムライフブックス、これらしい https://t.co/TWlg1wrGAY
む。これはサーベイ? | <研究ノート>1980年代日本における家庭向パソコンと「ホームコンピュータ」 https://t.co/4vGHdGHdkO
トンパ文字には色に意味を持たせる、という話、いまいちそれらしき出典になりそうな文献を見つけられていなかったのだが、この研究がどうも確かなものっぽく見えるがどうかな? https://t.co/EOdN95aZZl
RT @sinya8282: オ,オートマトン理論再考が5ヶ月連続アクセスランキング第一位だ...
RT @jmitani: 先日に聴いた、JAIST池田心先生の「人間にとって乱数らしく見える疑似乱数の生成方法」という講演が面白かった。 我々がイメージする「ランダム」な数の並びには、認知バイアスに拠る大きな偏りがある。 論文PDF https://t.co/JJOlMKjR…
RT @okuoku: https://t.co/yjajk9jw9W "私たちの世界は、 一世紀前と比べて全く違う音がすることが分かっています 。" って良い書き出しだな。もしタイムマシンが有れば、時代イントロクイズは面白い遊びだろう。 / "サウンドスケープ"は引かれている…
RT @hayashiyus: (このテーブルは勉強になる)無限個の中間層素子をもつニューラルネットは、二乗可積分関数の空間 L2 や、連続関数の空間 C にコンパクト開位相を入れた空間などで稠密=万能関数近似装置となることができる。 1. https://t.co/GovYP…
RT @dellganov: くろこつねおの1978年の「図書館にマンガはあります 」を読んだら、文庫とマンガは公共図書館では幻の資料と呼ばれたりもするが、あるよという内容。https://t.co/OsEXO2J5jS 文庫はその後、かなり図書館に入るようになったが、マンガは…
その富士通が建造に協力した ETL Mark II は、フロア配置図を見ると、かなりでかい面積を、二→十 と 十→二 の変換に使ってる(画像は『情報処理』Vol. 17, No. 6, 「リレー計算機 ETL Mark Ⅰ, Ma… https://t.co/aauoiWjwd3

3 0 0 0 OA 官報

RT @shiki_okasaka: ほぼほぼ現代かなづかいが、はじめて官報にのったのは、保科孝一さんの昭和六年のものかもしれませんね。おわりに「この稿は、執筆者の希望により、文部省臨時国語調査会所定の仮名遣による」とあります。 「常用漢字表及び假名遣改定案に關する修正」, 保…
RT @nnobuya: CiNii 論文 -  戦後、日本国内における理工学図書の海賊版 https://t.co/rbbyvzBPKy #CiNii

27 0 0 0 OA 島のこと

RT @sinya8282: おぉ,JSTAGE/Computer Softwareで湯淺先生の屋久島生活の記事が読める. 「島のこと」湯淺 太一 https://t.co/cWHOPQEPd8 https://t.co/pVMDctHIjT
RT @h_okumura: 「整然データとは何か」 https://t.co/qj9JK4eCWU わかりやすい(著者はあのブログの主だ)。「内閣府の「国民の祝日」のCSVがひどい。」 https://t.co/hJsb5BmDLE ( https://t.co/iWKBls…
RT @ikk775: 夜なべ仕事で計算機を開発した日々 - J-Stage https://t.co/5H64h9bixI
学会誌の討論エッセイ『投機に投資しよう』( https://t.co/P8VJF9CTxc )にあったように、流行に乗るのも一案で(例えば「今から考えれば」1970年代中旬にマイクロプロセッサというブームには絶対に乗るべきだった)、後は、プロダクトそれ自体はそのものとして残せる
RT @J_Steman: 順番が逆になってしまったが、研究者が現状を把握するうえでは、こちらを最初にお勧めしたい: 川本思心「デュアルユース研究とRRI〜現代日本における概念整理の試み」, 科学技術社会論研究, 14, pp134-156. https://t.co/9Tvp…
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…
RT @ttmtko: うっかり聞けなくて残念…… QT @nakano_lab: 音楽科におけるプログラミング的な協調創作活動の効果-自己肯定感に注目して- 遠山 紗矢香 https://t.co/mhCAZLLHNC 発表者も質問者も音楽プロ級の方w #ipsjce
漢字四角号碼代数構造と‘声形法’による中国語漢字入力について(1983) https://t.co/cHzqZZdpNs
RT @masterlow: 1970年代の東南アジアは激しい反日運動が続いたが、その先駆けはタイ。 その暴動のきっかけとなったのが、タイの日本人がキックボクシングジムを開いてタイ人の神経を逆なでしたことだったんだけれど、それの意味がわからなかったんだけどやっとわかった。これね…
RT @hayakawa2600: 本日到着した古書店の目録で知ったが、昭和3年に満鉄調査課が『支那に於ける無尽の慣習』https://t.co/zmHdbjZQVZ を出していた。中国各地の庶民金融の諸形態を調べ上げていて、帝国主義とは本当に大変だな感があらためて。国会デジタ…
画像はこちらの文献( https://t.co/nTh7Ph91pq )より https://t.co/gUaBD4cxEo
あ、大会発表のほうの予稿はPDFで見れる: 「神経回路網の連想機能を用いたかな漢字変換方式 : ニューロワープロへの展望」 https://t.co/nTh7Ph91pq
RT @sinya8282: 『LaTeXと学会誌制作の思い出』 https://t.co/G3e0dZR7Uh LaTeXが日本で広まり始めた時代の話題が載ってて面白い.

43 0 0 0 OA 情報幾何学

RT @tanutarou730: インターネッツを漁っていて,多様体について自分の中で一番雰囲気つかめた資料はこれらでした. 情報幾何と機械学習 赤穂昭太郎: https://t.co/0BJvy006gu 情報幾何学 甘利俊一: https://t.co/Rg7Ydb5t…
RT @tkasasagi: Alice in Wonder Land was first translated to Japanese in 1910 by Maruyama Eikan. Around that time, English culture was hard…
@dmikurube @earth2001y あとCiNiiのコレの巻号情報を参考に……(国会図書館よりはアクセスが容易な所にあるのもあるで) https://t.co/jKePoJxt2S
RT @chikurin_8th: 日本思想は論理的一貫性を軽蔑する。典型は鈴木大拙の禅思想で「山は山で、山でない。水は水で、水でない(「東洋思想の不二性」)」てなことを言う。実はこれがサンスクリット語の誤読に由来する疑いが濃厚なのです。下から短い論文がDLできます。外国語おそ…
年末に、カオス(almost periodic frequency arrangements)を使って100万多重アクセスが実現可能っちゅう提案が出ているがどんなもんじゃらほい https://t.co/FSCbve7qxH
ほう? 量子を使ったシミュレーテッドアニーリングというアイディアに関する先行(1995)研究ねぇ…… https://t.co/0b9MfBCXKn
RT @db_jst: 「情報管理」2018年1月号 過去からのメディア論 ゲームジャムと21世紀の教育 大谷卓史氏が今回紹介するのは、「ゲームジャム高梁(たかはし)2017」。ゲームジャムの歴史、教育的効果を紹介し、21世紀型スキルとの関係を語る https://t.co/4…
RT @matsumotory: 2018年のIEICE論文集の第1号に我々が執筆した「Webサーバの高集積マルチテナントアーキテクチャと運用技術」という招待論文が掲載されました。オープンアクセスですので是非ご覧下さい。 / “IEICE SEARCH SYST…” https…
RT @nalsh: 漢字6万字の話は文字情報基盤整備事業をあげた方がよいか https://t.co/FUsoHmGSHA これがどういうものだったかは例えば https://t.co/MNkKxQnqCt とか
RT @k1ito: 最近NNの数学的定式化が一部で流行っているっぽいので昨日リプライで送られてきた論文紹介するけど。これ数学プロパーが深層学習を勉強するときに一番良いPDFではと思えるレベル。よくここまでサーベイできるなと。。。(200ページ以上あるので重い) https:/…
IPSJの電子図書館だとざっと検索すると一番古いの、1978年のOS研究会のコレか https://t.co/MxDpcarKIT
小谷先生の「論具」っぽくもある https://t.co/NGWJU8NE1x
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 算術演算回路検証の技術(濱口 清治),1995 https://t.co/GfQJOhwfKR ペンティアムの4進SRT法に基づく除算回路での設計誤りは、ルックアップ・テーブルの内容に書き間違いがあ…
む。 | CiNii 論文 -  伊藤博文をハクブンと呼ぶは「有職読み」にあらず : 人名史研究における術語の吟味 https://t.co/8c0OeK6sgj
RT @_ko1: "システムソフトウェア研究の移り変わり" https://t.co/JJyEoLRlRe むちゃくちゃ面白いな!
An Analytical Method for the Oscillations of Water …… using an Electric Network and an Electronic Analogue Computer https://t.co/rZzvtbFxIY
RT @awajiya: [ CiNii 博士論文 - エレクトロニクスによる海の波の記録ならびに解析方法|石黒, 鎮雄 https://t.co/C3NRdq8B5O " 学位授与年月日 1958-08-29" ]ははぁ こういう先進的研究を.
RT @AtsushiOhori: ML系言語のコンパイラSML#を開発していますが,この講義では古典的なLR構文解析の原理を詳しく扱います.その意図は,「LR構文解析の原理」(以下のJ-Stageのリンク)の「はじめに」をごらんください. https://t.co/Ra9yD…
RT @esumii: 論文本体(無料公開)はこちら:https://t.co/GgGiKyXS5w 元となった大堀先生のコンパイラの授業はこちら:https://t.co/N5wTq7w5Kb 「既存のコンパイラの教科書では,例えばこの基本的な原理の基礎となるアイデアなどが極…
RT @sinya8282: 拙著サーベイ論文「オートマトン理論再考」が今日付けでJSTAGEに公開されました! どなたでもアクセスできると思いますので,ぜひぜひ読んでみてください. https://t.co/5WHN1lbyYY
RT @works014: この文書そのものが読み難いという皮肉… / “2F3-1 高精細LCD上の明朝体フォントの読みやすさと好ましさ” https://t.co/4x7CfLztdY
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @__tai2__: 法令は形式言語で記述して欲しいみたいな放談をslackでしてたら、法令工学って名前で実際に研究されてると教えてもらった。ほほー。 https://t.co/y0Hdg5Fdnz https://t.co/BXQx89oTIU
RT @shizentai: やばい。難波弘之が書評論文として約2万字にわたり、蛇おじさんの「電子音楽イン・ジャパン」を一つひとつ丁寧につっこみまくっていた。マジかよ。 https://t.co/YOQNK9ZJ5j
RT @_ko1: "IoT向け大容量小型コンピュータOliveにおけるOpen Channel SSDの実践 " https://t.co/moX8qleXVt Open Channel SSD って知らない単語だ... というか、及川先生の所属にびっくり。あれー、移られたの?
おっ | 日本のスーパコンピュータ開発史 https://t.co/apPUXtWD9Y
RT @kurubushi_rm: 枚方市立図書館が元はどんなすごいところだったかは、ネットで読めるものだとこれなど参照。 https://t.co/Oz9e2zJ56n https://t.co/kaV8fp95xs
このページの、その次にある「国鉄で使われているデイジタルテクニック」というのも興味深いな https://t.co/zQQAz4BtSz
あれ? この文献、今初めて見掛けた気がする | 「デイジタルテクニックは物理測定にいかに適用されるか : FACOM-128のアドレス変更法について」 https://t.co/zQQAz4BtSz
RT @lizard_isana: 木村 和宏, "準天頂衛星ネットワークシステムの軌道に関する研究" https://t.co/b0oetNJetH 準天頂衛星の軌道を保持するための制御量を静止衛星並みに抑えられることを示した論文。ここに書いてある理屈が準天頂衛星プロジェクト…

427 0 0 0 OA 珍品のらくろ草

RT @nue213: 小野耕世先生が子供の頃読んだ中で、特に面白かった作品の一つと挙げていた『珍品のらくろ草』は無料公開されている。植物学者の先生は大変良い事言ってるので皆さん読みましょう。 https://t.co/EzFyQyjI1v https://t.co/3hrLn…
RT @sakinotk: 文章まわりの仕事をしておられる方は、ぜひご一読を。 「正しく伝わる日本語のために:共同通信社記者ハンドブックの成り立ち 」 成川 祐一 情報管理 Vol. 60 (2017) No. 2 p. 69-78 https://t.co/Mfde51c8Y…

1 1 1 0 OA eの計算のこと

https://t.co/TQarBKuukK ここに「eの計算のこと」という1962年の記事がありますように、伝統芸能(?)ではある
お、『情報処理』にだいぶ昔に載ったシストリックアレイの解説が https://t.co/y4ftIt6vAn
タイムシェアリング・システムの問題点をめぐって https://t.co/O9u3GNnKsF 5020TSSの設計者と電総研ETSSの設計者が参加している座談会ですと!?
「目測による設定の精度」 https://t.co/6qUWb5CyZj
で、その時代に、電子じゃないけど、という感じで「電算」という語を使い始めたのではなかろうかと思うと、この資料にはある https://t.co/f5SIvtuiJ0
巨大コンピュータっつったら、電気試験所設計、富士通建造のETLマーク2(リレー式)はでかいぞ(出典: 『情報処理』Vol. 17, No. 6, 「リレー計算機 ETL Mark Ⅰ, Mark Ⅱ」… https://t.co/5OxAbr4lWl
@sigeosato 『〜かく戦えり』だとインタビュアが事前に確認していたっぽい資料が、今だとすぐに見れてコレなんですが、稼働状況にはそんなに踏み込んでないんですよね... https://t.co/SnHMF2XLGv
RT @tweeting_drtaka: それで、大まかなあたりをつけて調べたら、こんな仕事が見つかりました。まさかの北陸の師匠! https://t.co/tq4AF5QTy9
RT @sinya8282: λμ計算のモデルについて https://t.co/9iRTlO3gEc

3 0 0 0 OA 祝辞

学会誌『情報処理』の創刊号には科学技術庁長官中曽根康弘氏からの祝辞が載ってるので( https://t.co/z6d9ORYomq )情報処理学会もその頃始まったわけだ
RT @michisato: あ、ついにVR学会論文誌が一般公開されて拙著のハンガー反射論文が誰でも読めるようになったくさい。中学生でも読めそうなおもしろ論文なので読んでねー。 https://t.co/rlLFFGSRc2 https://t.co/nkjUPcFrIn
RT @shiki_okasaka: 一応比較として、66年前の1951年の調査では「日本国民の非識字率はきわめて低いが、literacyを持つと認められる者の率も極めてひくく、6.2%しかない」というような状況だった。 https://t.co/jd1nlJVvmS
RT @drinami: "東京大学工学部に計数工学科が設立されたのは 1962 年であるが,このとき情報工学科という名前は教授会で一笑にふされて全然問題にされなかったという(高橋秀 俊,東京大学公開講座『情報』)." https://t.co/xF4NeIBo9x
RT @shiki_okasaka: 1988年に「標準化すべきことはキーボードを計算機につなぐ接続方法」とTUT-codeの大岩先生が述べられたのは、既存のものをそのまま使い続けられるようにするための条件だったとも言えるように。 https://t.co/WfNtQPbh7c
@n_soda インデックスって所の掲載号情報の所にある「Permalink : https://t.co/DB4dvNiGHs 」のパーマリンク使いませう
あ、後藤寿庵さんがCGレンダリング用並列コンピュータLINKSについて書かれている。LINKSはIPSJが最近ネットに置いてるコンテンツがいくつかあって… https://t.co/BfGhsTgpzH https://t.co/3ROSY7LILp (続く
これはARCの報告かな? 「TRON仕様に基づく32ビットマイクロプロセッサTX1のCPUアーキテクチャ」 https://t.co/BmYeu8Gq9Z
https://t.co/056nHKg9cE コレは一番見に行きやすいのは国研かなぁ?

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(693ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

欧米の教材開発にゲームデザイン用語が入ってきている、日本では教材開発とゲームデザインを学べないのでフレームワークから開発しなくてはという昨年の情報教育シンポジウムでの見通しとも適合している https://t.co/U0y6r1mEu1
RT @shanghai_ii: いきなりワンツーパンチされる書き出しだな
RT @shanghai_ii: 「フランスの女性たちは,社会的自立という点において日本女性より遙かに高い幸せ指数を享受しているといえよう。彼女たちのライフサークルは,成熟した社会保障制度により一生を通じて守られ,特に子育て支援には日本の現状とはほど遠い国費が投入されているから…
@koheimaniax ヴェノナ文書の公開をめぐって、あまり荒ぶることがない動向紹介がこちらですね。わかりやすいです。https://t.co/7pT1BdlRy5
RT @earthcolor369: おかげさまでCiNiiデビューしました。 CiNii 論文 -  近代日本キリスト者の神道観に関する資料目録(1) https://t.co/ZOopBhbqE4 #CiNii
ぺた語義:Exciting Coding! Junior 2018 実施報告 情報学広場:情報処理学会電子図書館: https://t.co/0NWkZ38LbV オープンアクセスはこちら。 https://t.co/KCPlWVkj1N
ビブリオ・トーク -私のオススメ-:ミンスキー博士の脳の探検 -常識・感情・自己とは- 情報学広場:情報処理学会電子図書館: https://t.co/4slllaVKqB
RT @tshita0: 木分解とセパレータに関しては河原林先生の資料が分かりやすくまとめられていたので、昔に図書館で印刷した覚えがあるのですが、オンラインで読めるんですね(https://t.co/8IKGeCMCw6)。
ライト兄弟の初飛行が1903年なのに1904年に航空写真? と一瞬思ったが、そうだった。気球による写真撮影はずっと以前から行われていたのだった。日本陸軍も偵察用気球を持ってたし。で、こういう論文を見付ける。… https://t.co/iG6thAchAr
あ,support で良いのか.オートマトン理論再考でも書いてたやそういえば. https://t.co/5WHN1lbyYY https://t.co/QWV62vQhzU

フォロワー(775ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

欧米の教材開発にゲームデザイン用語が入ってきている、日本では教材開発とゲームデザインを学べないのでフレームワークから開発しなくてはという昨年の情報教育シンポジウムでの見通しとも適合している https://t.co/U0y6r1mEu1
RT @NIJL_collectors: 「ランドセル」の、比較的早い時期の画像つき用例を見つけた 『万国通商往来』(明治6年)https://t.co/LXtNtGdTTx https://t.co/ViLPTuo8vv
RT @lIl_________Ill: 近藤誠著『ワクチン副作用の恐怖』より。 私はHPVワクチン接種の相当前より、学術誌にも副反応との記述があることから、やむなく合わせてはいますが、気分的には愉快ではないですよね、当然。 むしろこんなに前から言っていたのかと、薬害の歴史の深…
RT @rkayama: 高須先生、ドイツ最大の精神医学会は、20万人を超える精神障害者の虐殺「T4作戦」に医師が加担したことを認め、2010年に正式に謝罪してます。6つの病院に作られたガス室の検証もすんでます。この論文をお読みください。https://t.co/qYEiuKX…
RT @earthcolor369: おかげさまでCiNiiデビューしました。 CiNii 論文 -  近代日本キリスト者の神道観に関する資料目録(1) https://t.co/ZOopBhbqE4 #CiNii
ぺた語義:Exciting Coding! Junior 2018 実施報告 情報学広場:情報処理学会電子図書館: https://t.co/0NWkZ38LbV オープンアクセスはこちら。 https://t.co/KCPlWVkj1N
ビブリオ・トーク -私のオススメ-:ミンスキー博士の脳の探検 -常識・感情・自己とは- 情報学広場:情報処理学会電子図書館: https://t.co/4slllaVKqB
RT @tshita0: 木分解とセパレータに関しては河原林先生の資料が分かりやすくまとめられていたので、昔に図書館で印刷した覚えがあるのですが、オンラインで読めるんですね(https://t.co/8IKGeCMCw6)。
あ,support で良いのか.オートマトン理論再考でも書いてたやそういえば. https://t.co/5WHN1lbyYY https://t.co/QWV62vQhzU