著者
岩本 一樹 神薗 雅紀 津田 侑 遠峰 隆史 井上 大介 中尾 康二
雑誌
研究報告コンピュータセキュリティ(CSEC)
巻号頁・発行日
vol.2014-CSEC-65, no.13, pp.1-6, 2014-05-15

アプリケーションの脆弱性を攻撃する電子文書型マルウェアを動的に解析するためには,該当する脆弱性をもつアプリケーションを準備する必要がある.しかし脆弱性の種類を特定することは困難な場合があり,またアプリケーションが入手できない可能性もある.一方,脆弱性を攻撃した後に動作する不正なプログラム (シェルコード) は脆弱性やアプリケーションに関係なく独立して動作することが多い.そこで本研究では脆弱性の種類を特定することなく,またアプリケーションが無くても電子文書型マルウェアの動的解析が行えるようにするために,電子文書型マルウェアに含まれるシェルコードを特定して実行する方法を提案する.

言及状況

Facebook (1 users, 1 posts)

I'm going to give a speech in the domestic society group meeting in Oita on 22nd May. The paper is already published. 5月22日に大分で開催されるCSECの研究会で発表する予定です。論文は既に公開されています。 http://id.nii.ac.jp/1001/00101277 ...

Facebook における性別

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

読んでる: 情報学広場:情報処理学会電子図書館 http://t.co/99ZUzYrQdK

収集済み URL リスト