著者
稲葉 通将 大澤 博隆 片上 大輔 篠田 孝祐 鳥海 不二夫
雑誌
ゲームプログラミングワークショップ2014論文集
巻号頁・発行日
vol.2014, pp.61-66, 2014-10-31

人狼ゲームのプレイヤーは,相手から自分がどう見られるのかを考慮しつつ,他のプレイヤーの思惑を推理し,交渉・説得を行っていく必要がある.本研究では,人間らしく振る舞う人狼ゲームエージェント実現に役立つ知識の獲得のため,実際に人間同士で行われた人狼ゲームにおける議論の構造に着目した分析を行う.議論の構造を踏まえた分析を行うため,まず各発話に対してタグ付与を行う.次に,そのタグ間の関係を捉えることで,提示された意見に対する「同調」と「反駁」という観点から議論の分析を行う.

言及状況

Twitter (6 users, 6 posts, 14 favorites)

この人狼の研究とても面白いでござる♨️ 「人狼側が勝つ試合は議論がまとまらず反駁が多い傾向にあり、人間側勝利の場合は逆に同調発言が多い傾向にある」というのは言われてみれば確かにと思うけど、データでちゃんと示してるの強い(感激)♨️… https://t.co/OYiaBdgnWT
ちなみに、こんなのもありましたよっと。人狼好な将棋ファンのみなさんもよむべし。 「議論の構造に着目した人狼ゲームの分析 」 https://t.co/Y2wC5Hoqdz

収集済み URL リスト