著者
水上 直紀 中張 遼太郎 浦 晃 三輪 誠 鶴岡 慶雅 近山 隆
雑誌
情報処理学会論文誌 (ISSN:18827764)
巻号頁・発行日
vol.55, no.11, pp.2410-2420, 2014-11-15

本論文では,牌譜を用いた教師付き学習による麻雀プログラムの作成法について述べる.まず,上級者の牌譜を用いたパーセプトロン学習によって1人麻雀プレイヤを作成し,それを拡張することによって4人麻雀への適用を行う.拡張は,1人麻雀プレイヤに「降り」と「鳴き」の機能を教師付き学習によって導入することで行った.オンライン麻雀サイト「天鳳」で作成されたプログラムの実力を評価した結果,レーティングとして,平均的な人間プレイヤーの実力を大きく上回る1,651点が得られた.

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 3 favorites)

https://t.co/iS2HDuLqf5
こういった論文を書いてる人凄く好きです僕は(笑) https://t.co/B4QFuDYVrq
多人数性を分割した教師付き学習による4人麻雀プログラムの実現 http://t.co/NQzC7xrDzs

収集済み URL リスト