著者
畑 元 小池 英樹 佐藤 洋一
雑誌
情報処理学会論文誌 (ISSN:18827764)
巻号頁・発行日
vol.56, no.4, pp.1152-1161, 2015-04-15

本研究では,ユーザに気づかれない視線誘導を目的とした手法の提案を行う.人の視覚の特性から画像の動的な解像度制御を提案する.具体的には,誘導したい領域を高解像度,それ以外の領域を人が気づかない範囲で低解像度にすることで,高解像度領域へと視線の誘導を行う.2つの被験者実験を通して提案手法がユーザに気づかれないで視線誘導を行える可能性が示唆された.

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

さりげなく視線誘導の研究成果を使ってるところがすごい https://t.co/aAGXkvKXCt https://t.co/E0gF70Et6D
https://t.co/yTnn4FBP0Y

収集済み URL リスト