著者
小林 雄一郎 天笠 美咲 鈴木 崇史
雑誌
じんもんこん2015論文集
巻号頁・発行日
vol.2015, pp.23-30, 2015-12-12

本研究の目的は,計量文体論の技法を用いて,日本の流行歌の時系列変化を明らかにすることであ る。具体的には,1977 年から 2012 年までに発表された 773 曲の歌詞における 26 種類の語彙指標(品 詞,語種,文字種,語彙レベル)を比較した。その結果,1990 年頃を境に,語種と文字種の頻度が大 きく変化していることが分かった。特に,外来語とカタカナの頻度が著しく減少し,漢語と漢字の頻 度が増加した。本研究は,計量文献学に新たな知見をもたらし,日本の現代文化を対象とする社会学 研究に客観的な資料を与えるものである。

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 2 posts)

楽しみにしてたやつだと思ったけど、もしかして1年間は見られないのかな…₍₍⁽⁽(ી(;▽;)ʃ)₎₎⁾⁾
楽しみにしてたやつだと思ったけど、もしかして1年間は見られないのかな…₍₍⁽⁽(ી(;▽;)ʃ)₎₎⁾⁾

Twitter (26 users, 29 posts, 36 favorites)

我々の歌詞分析の研究に関して、日本語で書かれた論文がよく言及されますが、その論文では、1977〜2012年の歌詞を分析しています。 https://t.co/AHNbkWLQia そして、そのあとに書いた英語論文では、1976〜2015年の40年間の歌詞を分析しています(データを増やしました) https://t.co/Ba5xvwK6Vu
コメントで触れた中野洋「流行歌の語彙」という論文は『講座日本語の語彙7』(明治書院)に収録されています。最近では小林雄一郎・天笠美咲・鈴木崇史各氏により、歌詞では外来語が減少しているという興味深い事実も分かっています。https://t.co/1TWPN9rz1B
小林雄一郎ほか(2015)「語彙指標を用いた流行歌の歌詞の通時的分析」 https://t.co/at1C4MyQzX のデータセットに最新データを追加して分析中。40年にわたる歌詞の発表年を平均誤差6年で当てるって、結構イイ線いってると思う。分析結果は、8月にドイツで発表予定。
土曜日に、数十年のオリコン上位歌詞の分析に関する論文発表 https://t.co/Es1ElaxeVq を聴いたこともあり、対比して見ると興味深い / “AKBより三代目JSB!?  CD販売数ではもはやわからない「本当の流行…” https://t.co/VbkBwsMbv6
楽しみにしてたやつだと思ったけど、もしかして1年間は見られないのかな…₍₍⁽⁽(ી(;▽;)ʃ)₎₎⁾⁾ / “情報学広場:情報処理学会電子図書館” https://t.co/GBuCyGIgkL
小林雄一郎 ・天笠美咲 ・鈴木崇史(2015)「語彙指標を用いた流行歌の歌詞の通時的分析」『じんもんこん2015論文集』23-30. https://t.co/AHNbkWufqC 論文が公開されたようです。 @ToyoMediaSuzuki

収集済み URL リスト