著者
猪原 弘之 小山 聡 栗原 正仁
雑誌
ゲームプログラミングワークショップ2016論文集
巻号頁・発行日
vol.2016, pp.44-48, 2016-10-28

ゲームAIはコンピュータ黎明期から盛んに研究されており,コンピュータが扱いやすいものから順に研究していく意味で特に完全情報ゲームの研究が中心だった.しかし,チェス,将棋,囲碁などの主要な完全情報ゲームにおける研究は人間のトッププロよりも高い実力が発揮できるレベルまでに達し,単純に強いだけの完全情報ゲームのAIを作る研究は終焉を迎えつつある.そこで,本稿では数多くある不完全情報ゲームの中でも,盛んに研究されているポーカーや麻雀などにないゲーム特性を持ったポケモン対戦を対象として,そのゲームが持つ特徴を紹介し,それぞれ異なる工夫を施したいくつかのUCTアルゴリズムの有効性を検証した.その結果,ポケモン対戦でUCTの実力を一番引き出す方法が分かったが,モンテカルロ法とUCTの実力に有意差がなく,ポケモン対戦にはUCTアルゴリズムが有効とは言えない可能性があることが分かった.

言及状況

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

ポケモンのルールの解説が人工知能の研究対象として大真面目に論文に載ってるのに笑った

Twitter (9 users, 11 posts, 6 favorites)

ポケモンのルールの解説が人工知能の研究対象として大真面目に論文に載ってるのに笑った / “ポケモン対戦に対する UCT アルゴリズムの有効性の調査” https://t.co/RvwxT5XILP
ポケモン対戦に対するUCTアルゴリズムの有効性の調査 https://t.co/sR96No9nqx https://t.co/5gzsVPrjEt
ポケモン対戦に対するUCTアルゴリズムの有効性の調査 https://t.co/sR96No9nqx https://t.co/5gzsVPrjEt
アルファルビーって何やねん https://t.co/YGbpYBZq77
https://t.co/lE2bQk4oOJ ポケモン対戦に対する UCT アルゴリズムの有効性の調査
ポケモンへのAIが溢れてる https://t.co/BF3cHZHRPX
https://t.co/ozbTB8s4CV 著者見た瞬間吹いたわw
将棋や囲碁などの完全情報ゲームから、ゲームAIの研究は不完全情報ゲームへ移っているようで、その中でポケモンを使うのは面白い。ポケモンはパラメータてんこ盛りの対戦ツール◆ポケモン対戦に対するUCTアルゴリズムの有効性の調査 - https://t.co/NYUqeCFfxA

収集済み URL リスト