著者
小池 誠
雑誌
第80回全国大会講演論文集
巻号頁・発行日
vol.2018, no.1, pp.401-402, 2018-03-13

第二次世界大戦中に日本軍はマイクロ波兵器を開発したが、その詳細は秘密であった。一方、米軍はサイバネティックスという書籍の出版を通じて、1940年代にマイクロ波兵器の概略を機密解除した。このような背景のもと、防衛省情報本部が監視対象者に対し、マイクロ波兵器から微弱なマイクロ波ビームを照射した結果、監視対象者が精神疾患を発症したという事実を仮定して、特別公務員職権濫用致傷罪が成立するか否か検討する。

言及状況

Twitter (4 users, 4 posts, 0 favorites)

マイクロ波ビームを照射する行為と 特別公務員職権濫用致傷罪の成否 小池 誠† マイクロ特許事務所,小池誠マイクロ波研究所† https://t.co/HvU21WgJfi
https://t.co/QmjTgga2sA https://t.co/P64APLQqdR https://t.co/X62o8pb7gO https://t.co/ZUbaADMDvN https://t.co/mvQxz87k5d https://t.co/06ouWQWzhG https://t.co/oJznrVSL7V

収集済み URL リスト