著者
本田 正美
雑誌
第80回全国大会講演論文集
巻号頁・発行日
vol.2018, no.1, pp.507-508, 2018-03-13

公共分野における情報システム開発では、これまで数々の失敗が積み重ねられてきた。なかには、約55億円をかけた特許庁の基幹系システム刷新プロジェクトの頓挫のような事例も存在する。情報システム開発には失敗が付きものであり、それは公共分野においても例外ではないのかもしれない。一方で、公共分野の特性ゆえに失敗を招いている可能性もある。そこで本研究は、公共分野における情報システム開発の失敗に関する事例分析を行う。具体的には、2017年10月に明らかとなった京都市における基幹系システムの刷新プロジェクトの遅延を取り上げ、この事例を分析することにより、公共分野における情報システム開発の失敗の要因について議論する。

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 1 favorites)

“ これらからは、プロジェクトオ ーナーである京都市がシステム開発の成功のた めに受託事業者へ協力する姿勢が見えにくい。” / 京都市の基幹系システム刷新プロジェクトの遅延に見る公共分野における情報システム開発の失敗の要因 情報学… https://t.co/dtT7TNmpMl
https://t.co/ws0TBUyrL2

収集済み URL リスト