著者
及川 大志 池田 心
雑誌
ゲームプログラミングワークショップ2018論文集
巻号頁・発行日
vol.2018, pp.175-182, 2018-11-09

近年ゲームAIの研究は対戦相手として強いAIのみならず,ゲームそのものを楽しくするために様々な役割を担うようになってきている.テトリスは落下型パズルゲームとして長年数多くのプレイヤから愛されているゲームであるが,近年,T-spinと呼ばれている技術の登場により戦略の幅が大きく広がった.一方でこの技術は初心者にとって難解であり,また練習するための環境が十分整っていない.そこで本研究ではこのT-spinを学ぶ上で補助となる「詰めテトリス問題」を自動で生成する手法,さらにその面白さと難しさを教師あり学習で推定する手法を提案した.現時点では1手詰めのみを扱っているが,その面白さ・難しさを5段階評価の0.4ポイント程度の誤差で推測することに成功した.

言及状況

Twitter (24 users, 26 posts, 39 favorites)

テトリスについての考察がなされていて面白い https://t.co/qgOwKPrU73
テトリスにおけるT-spin構成力向上のための問題作成 https://t.co/14rrhHOSOH これにします
@KUSO1145141919 https://t.co/Owh0seSTwA あなたのような方々のために、本気で研究してる人間がいたりします

収集済み URL リスト