著者
柏崎 礼生 坂根 栄作 込山 悠介 宮崎 純 中沢 実 岡部 寿男
雑誌
研究報告インターネットと運用技術(IOT) (ISSN:21888787)
巻号頁・発行日
vol.2020-IOT-49, no.7, pp.1-8, 2020-05-07

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の日本国内での蔓延に伴い,2020 年 2 月中旬以降に開催が予定されていた大規模な集客を見込むイベントは中止,延期を余儀なくされた.学術においても状況は同様であり,日本国内においては特に卒論・修論発表会の終わった 2 月中旬から 3 月下旬まで学会・研究会が集中して開催される時期である.本稿では 3 月上旬に開催された,参加人数が例年 500 人を超える規模のイベントがどのようにオンライン開催の意思決定を行い,そのための準備を進め,運用を行ったのか情報共有を行い,同様の有事が発生する未来に対する議論と提言を行う.

言及状況

Twitter (6 users, 7 posts, 13 favorites)

本日のPython駿河/Unagi.py で教えてもらったオンライン学会のレポートが良かった。 https://t.co/3XpJBI0MhD
本日のPython駿河/Unagi.py で教えてもらったオンライン学会のレポートが良かった。 https://t.co/whZa0byhjC
「COVID-19の流行に対する参加者数500人超級の学会イベントのオンライン開催の知識共有」において、5月のIOT研究会での発表内容がオープンアクセスに変更しました。金沢工業大学で行われた全国大会のオンラインのサポートチーム取り組みの様子も写真付きで出ています。 https://t.co/5ms1jy2g2q
DEIM2020ならびに #IPSJ #第82回全国大会 のオンライン開催について5月のIOT研究会で発表された内容が #情報処理学会 として広くみなさんに知っていただきたいものであることを考慮し、研究報告をオープンアクセスに変更いたしました。ご参考になれば幸いです。 https://t.co/yb8j6FsC7T

収集済み URL リスト