著者
松永 賢次
雑誌
情報処理
巻号頁・発行日
vol.61, no.12, pp.1183, 2020-11-15

情報処理教育委員会の新委員長として,最近の委員会活動について代表的なものを紹介した.政府のAI戦略と連動し,モデルカリキュラム策定に対する意見を出す活動を行っている.初等中等教育の新しい学習指導要領において,情報に関する学習が高度化するのに伴い,中高生情報学研究コンテスト,教員研修教材の作成,共通テストなどの大学入試での教科情報の出題への働きかけ等の活動を進めている.これらの活動を会員に関心を持っていただき,協力関係を作っていくことの必要性も述べている.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

情報処理教育委員会の最近の活動について 松永賢次(専修大学 ) 政府のAI戦略と連動してモデルカリキュラム策定に対する意見を出したり、中高生情報学研究コンテスト、教員研修教材の作成、大学入学共通テストなどでの教科 #情報 の出題への働きかけ等を進めたりしている。 https://t.co/0ESo00G3nR

収集済み URL リスト