著者
村上 洸介 笠間 貴弘 井上 大介
雑誌
研究報告コンピュータセキュリティ(CSEC) (ISSN:21888655)
巻号頁・発行日
vol.2021-CSEC-94, no.34, pp.1-6, 2021-07-12

Mirai の登場以降,Telnet や SSH サービス等がインターネットからアクセス可能かつ ID/Password 設定の強度が不十分である IoT 機器がマルウェアに感染する事例が多発している.Mirai を含む IoT マルウェアの中には,感染後に当該機器が他のマルウェアに感染するのを阻止する目的で Telnet 等へのアクセスを禁止するものが存在するが,日本国内においてもインターネット側から Telnet サービスへアクセス可能な機器は数万台規模で未だ存在してい る.この事実は,それらの機器が適切なパスワード設定によってマルウェア感染を回避しており,サイバー攻撃の踏み台として悪用されないことを示すのだろうか? 我々は日本国内のパスワード設定に不備のある IoT 機器に対する調査プロジェクト NOTICE を 2019 年 2 月より開始した.本稿では,NOTICE プロジェクトの調査結果と大規模ダークネットの観測結果より,パスワード設定に不備のある IoT 機器のマルウェア感染状況を分析すると共に,マルウェア非感染の要因や当該機器がサイバー攻撃へ悪用されるリスクを明らかにする.

言及状況

Twitter (2 users, 3 posts, 3 favorites)

お。NOTICE論文。 ID/Password設定に不備のあるIoT機器におけるマルウェア感染可能性の大規模調査 情報学広場:情報処理学会電子図書館 https://t.co/saUNdlLYIF

収集済み URL リスト