著者
三宅 陽一郎
雑誌
情報処理
巻号頁・発行日
vol.63, no.7, pp.e3-e36, 2022-06-15

メタバースは人類が新しく獲得する時空間であり,今後,社会や人々の意識を大きく変えていくと期待されています.現代におけるメタバースはオンラインゲームやSNS,仮想通貨などを背景に成立しており,その歴史的成立の変遷をこの20年間のデジタル空間の発展とともに説明します.また,発展を続けるメタバースの未来について,人工知能エージェント,スマートシティ,NFTとの関連において,幾重にも重なる可能性を述べていきます.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (99 users, 104 posts, 355 favorites)

情報処理学会の会誌「情報処理」の最新号に掲載されている「メタバースの成立と未来」は、メタバースの歴史や周辺類似概念との相違点、今後についてが30頁超に渡って整理されており、非常に面白いです。 会員でなくてもお金を払えば読めるので興味のある方は是非。 https://t.co/4bRwyT2R85
「メタバースへ行くのは,そこで何が起こっているかを見たい,という気持ちがあります.」 メタバースがやってきた:2.メタバースの成立と未来 -新しい時間と空間の獲得へ向けて- https://t.co/GUt1HWhRTr
こちら自分のメタバース解説論文(34ページの長さ…)、公開されました。情報処理学会の会員の皆さまはそのまま読めます。非会員の方は600円ぐらいです https://t.co/PzK5iWjp5b メタバースの成立と未来 -新しい時間と空間の獲得へ向けて- 三宅 陽一郎 情報処理, Vol.63, No.7, pp.e3-e36 https://t.co/sd7EB25wDM
こちら自分のメタバース解説論文(34ページの長さ…)、公開されました。情報処理学会の会員の皆さまはそのまま読めます。非会員の方は600円ぐらいです https://t.co/PzK5iWjp5b メタバースの成立と未来 -新しい時間と空間の獲得へ向けて- 三宅 陽一郎 情報処理, Vol.63, No.7, pp.e3-e36

収集済み URL リスト