著者
田中 建彦
出版者
長野県看護大学
雑誌
長野県看護大学紀要 (ISSN:13451782)
巻号頁・発行日
vol.4, pp.51-60, 2002-03-31

アイルランドではほとんどの人がケルト語に属するゲール語を話していたが,英語を話すイングランド人によって植民地化され,この国の言語は英語にとって代わられ,アイルランド語(アイルランドで使われているゲール語をアイルランド語と呼ぶ)は次第に衰退していった.植民地支配者の言語である英語が少しずつ社会に浸透していったことに加えて,教育現場でアイルランド語の使用を禁止し,すべての教科を英語で教えることを命ずる政策が実施されたこともアイルランド語の衰退に大きな役割を演じた.19世紀に自治権を獲得したアイルランド政府は,

言及状況

Twitter (15 users, 16 posts, 13 favorites)

@polszczyzna_tan こんなPDFが アイルランド語の衰退とその復活政策の失敗,2002 https://t.co/lGDVWxR5i2 >もはやアイルランド国内で,アイルランド語は母語とされなくなり,ほぼ文化財として扱われている >自国民も学習に消極的
琉球(諸)語の保護・復権を願う沖縄県民の方のお役に立つかもしれない論文の1つ。 アイルランド語の復権を目指した諸政策が、ことごとく失敗した原因の分析が興味深い。 https://t.co/fohMUuxuXo
@kitoto_87 @kwaishow ソース: https://t.co/rsFTksRpp2 田中健彦著『アイルランド語の衰退とその復活政策の失敗』
アイルランドの£5紙幣が、小学校でのアイルランド語(アイリッシュゲーリック)教育の復活の絵だったので調べていたらこんな論文を見つけました。長野県看護大の田中さんという方の研究です。@injtokyo https://t.co/N1haTlSy

収集済み URL リスト