著者
川勝 邦浩
出版者
甲南女子大学
雑誌
甲南女子大学研究紀要. 看護学・リハビリテーション学編 = Studies in nursing and rehabilitation (ISSN:18825788)
巻号頁・発行日
no.6, pp.1-7, 2012-03-18

本来、理学療法は治療技術であり、リハビリテーションは理念である。理学療法とリハビリテーションは全く意味の違う用語であるが、新聞紙上やテレビ放送のニュース、病院内や教育場面で同義語のように使用されていることは多い。スポーツ選手の外傷後の機能回復を指して「リハビリ中です」と使われることはよくある。理学療法士が治療内容を患者に説明する時、「リハビリを行います」という言葉はよく聞かれる。理学療法士養成校へ入学してくる学生は、理学療法士が行うことは「リハビリ」だと思っている者は多い。何故、それらが同義語として使用されているのであろうか。少なくともリハビリテーションに関わる者は、その意味を正しく理解し広める責務がある。本稿では、「理学療法」と「リハビリテーション」の本来の意味を明確にし、これらの用語の適切な使用について、理学療法とリハビリテーションの歴史から考察する。

言及状況

Twitter (5 users, 7 posts, 2 favorites)

リハビリテーションと理学療法、その言葉について、メモがてらツイート https://t.co/xVoTxGyU3T
@kuuenjoysmile いえ、そういうことではなくて、国語的な意味での誤りです。しかし「リハビリする」と言わないと相手に伝わらないので、仕方がない側面もあります。ネットで探した限りでは以下が参考になるかもしれません。 https://t.co/xVoTxGyU3T
「理学療法とリハビリテーション」の違いすら、わからないセラピスト わかっていても 「チャン」と言葉を使えない不自由な人 もう、私は手を差し伸べません。 来年度以降... https://t.co/lwfbySAG6q
3/25はセラピスト投稿会 最終回 「バトンタッチ 託す夢」です。 川勝先生からのバトン まずはセラピストこの文献からお読みください。... https://t.co/hFhT9igFIm
https://t.co/alS6fcRw6E https://t.co/AdOXKDlvaD
https://t.co/HYVBTQPv3K https://t.co/Ds1VLMBcpE

収集済み URL リスト