著者
川嶋 舟 颯田 葉子 Schu Kawashima Yoko Satta
巻号頁・発行日
vol.54, no.3, pp.211-213,

日本在来馬8馬種(北海道和種馬,木曽馬,野間馬,対州馬,御崎馬,トカラ馬,宮古馬,与那国馬)のミトコンドリアDNAコントロール領域の多型解析を行なった。その結果,8馬種で14ハプロタイプが認められた。系統樹解析の結果,14ハプロタイプ間に明確な遺伝的差異は認められず,日本在来馬の単一起源説を支持するものであった。各馬種のハプロタイプ構成を比較した結果,遺伝的多様性が維持されている馬種や失いつつある馬種の存在が明らかとなった。また,8馬種は互いに明確に異なるハプロタイプ構成を保有することが明らかとなった。これは,各飼養地域内で長期間維持されてきたため,各馬種で固有のハプロタイプ構成を持つに至ったと考えられた。

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 3 favorites)

日本の在来馬は、大陸からの1系統なのか! 川嶋舟・颯田葉子「日本在来馬のミトコンドリアDNA多型」 https://t.co/Icpp2Xcxmz こっちも後で読んでみよう。 尾崎孝宏「日本在来馬の歴史的変遷と現状」 https://t.co/L3utKVCZDc
在来馬どうしの遺伝子系統ってどうなってるんだろうと思ったら論文はあるんすね。 https://t.co/Uftx3ScFyj

収集済み URL リスト