著者
佐藤 正志 張 志祥 サトウ マサシ チョウ シショウ Masashi SATO Zhixiang Zhang
雑誌
経営情報研究 : 摂南大学経営情報学部論集
巻号頁・発行日
vol.17, no.1, pp.89-102, 2009-10

「満洲国」において、「満洲産業開発五カ年計画」が動き始めた1937年前後から、星野直樹、東條英機、鮎川義介、松岡洋右および岸信介の「二キ三スケ」と呼ばれた5人の実力者の存在が注目されはじめた。そのなかで、経済産業政策を中心的に担ったのが岸信介である。植民地研究の第一人者である小林英夫は、岸が革新官僚として「満洲国」に渡り、そこでさまざまな統制経済の「実験」を実施し、この「満洲経営」が、戦時統制経済をはじめ、第2次世界大戦後に世界に類例をみない日本の高度経済成長や戦後日本経済のグランドデザインをつくったと指摘しており、戦前と戦後の連続性を主張する最近の論調を代表する。本稿では、岸が「満洲経営」で果たした役割とそれの戦後経済成長との関連性をめぐり、どのような言説が流布され、いかなる主張がなされているのか。また、それをいかに論証しているのか、最近の岸に関する研究動向のみならず一般書や雑誌記事などにおける代表的な言説をレビューし、革新官僚・岸信介による「満洲経営」の経済史的意義を解明する際の課題について考察する。

言及状況

Twitter (5 users, 5 posts, 0 favorites)

@mas__yamazaki @hanayuu 続 思った。しかし今は安倍政権との関係で、むしろ「現代の満鉄」であると考える。 参照: 岸信介と「満洲経営」 - 最近の研究動向・言説と課題 - 佐藤正志・張 志祥 https://t.co/98BrEVo841 >岸の「満洲経営」の遂行を、関東軍、姻戚関係にある満鉄・松岡、日産・鮎川らとの間のさ まざまな 続
@wildcat_x @KAZ944 @yukon453 @_imaki @xtxeNnqF @Pooh_advanced @Hitode_Hittora @makotodeth @ken16649608 @takej9S9YPrCit8 @les_abeilles2 @tim123456789021 @MituzoJ @Ron82794189 @saintarrow @Bo_San_2D @twstament2338 @ro_oka @nanafushinonon @noharra @hSQehYkvFCPZaMh @vxf9alMy6sn74g4 @green_hell_ad @kizineko8 @fab4wings @satoponda @HHBZyJuFePt98jw @DXg9Q5ma90n7aCV @vxEWJRkecJ1yq5S @mfuji1 @p7d4tQ21mLBXvAt @hiroppe3rd @ZF_phantom @subutanon @cawaiikumasan @ekesete1 @mgdagmpavmgd @__Koto__AI @amphitrite1234 @S38Y7hb8ImgxkmL @ObLaDiOblako @WalthervonderV3 @OblakoObLaDa @5d0bnpSkLdf0lN9 @kakitubata14 @penguin3001 @hirosaito0707 @kikikikikiwwwww 岸信介も阿片に関わっていたとする研究もあるよ。 https://t.co/6mN9YrCBr1
■岸信介と満洲経営 https://t.co/L3uW3gOY3y ノンフィクション作家の佐野眞一は 満洲において 阿片密売の総元締めとして 利権を一手に差配し 関東軍のみならず国民党からも信任を得たという ■『阿片王・里見甫』を取り上げ ▼満州における『阿片漸禁主義と専売制度』

収集済み URL リスト