著者
安冨 成良 ヤストミ シゲヨシ Shigeyoshi Yasutomi
雑誌
嘉悦大学研究論集
巻号頁・発行日
vol.46, no.1, pp.125-143, 2003-10-01

日本人花嫁法(1947年)の制定において、日系社会、とりわけ日系二世が中心となって活動していた日系アメリカ人市民協会(JACL)の果たした役割は非常に大きい。特にJACLのロビイストのマイク・マサオカと彼に導かれたJACLの反差別委員会は法案の成立に向けて中心的役割を果たしたが、何故、これほどまでに精力的にこの問題に取り組んだのであろうか。またアメリカに渡ってきた日本人戦争花嫁を日系社会やJACLがどのように見ていたのであろうか。本稿ではこうしたことに焦点を当て、戦争花嫁のアメリカ入国前後の日系社会の状況について論考する。そして日本人花嫁法制定の背景を明らかにするために、1920年代以降のアメリカの差別的な移民法・国籍法の推移を概観すると共に、戦後のJACLの活動や、日系社会の状況についても新聞記事などをもとに検証する。

言及状況

レファレンス協同データベース (1 libraries, 1 posts)

アメリカで1947年7月22日に発令された公法213の全文の邦訳を探しています。この法律は別名「日本人花嫁法(Japanese Brides Act)」と呼ばれているようです。 当館で調査したところでは,貴館での所蔵を確認することができませんでした。 安冨成良「日本人花嫁法(1947年)と日系社会」『嘉悦大学研究論集』46巻1号(通号83号)(2003.10)p.125-143 https: ...

収集済み URL リスト