著者
山下 海 矢野 円郁 Umi YAMASHITA Madoka YANO
雑誌
女性学評論 = Women's Studies Forum
巻号頁・発行日
vol.34, pp.63-75, 2020-03-20

現代の日本社会では、「化粧は女性の身だしなみ」といわれ、職場などで女性にのみ化粧が課されることがある。女性に対してのみ課される「身だしな み」や服装規定は、化粧だけに限らない。仕事場で、女性のみヒールの高い靴を履かされたり、眼鏡をかけることを禁止されたりすることもある。これらの規定は、健康被害を生み、職務に支障をきたしうるものであり、世界的に、このような女性に対する理不尽な服装規定を廃止する動きが広がっているが、日本ではいまだに、「仕方がないこと」として許容する人も少なくない。化粧については、日本人女性も楽しみで行う人もいるが、女性だからしなければならないという義務感にかられてのみ化粧を行う人も少なくない。逆に、男性が化粧することに対して否定的な人もいる。男女問わず化粧をしたい人がし、したくない人に強要しない社会にするためには、人々のジェンダーステレオタイプをなくしていかなければならない。本稿では、化粧行動の歴史や化粧に対する意識についての研究を紹介しつつ、ジェンダーステレオタイプにとらわれない寛容な社会を築くために考えるべきことを議論する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

『日本人の化粧に対する意識 ―女性の化粧義務の解消に向けて―』 https://t.co/caW8ZZ3ret コホート交代説は、例えば「ジェンダーレス水着で育った世代が社会人になれば、世の中変わる」といった世の中の見方ですね。

収集済み URL リスト