著者
服藤 早苗 Sanae FUKUTO
出版者
埼玉学園大学
雑誌
埼玉学園大学紀要. 人間学部篇 = Bulletin of Saitama Gakuen University. Faculty of Humanities (ISSN:13470515)
巻号頁・発行日
vol.11, pp.342(27)-327(42), 2011-12-01

十世紀から十二世紀にかけて、新嘗祭・大嘗祭に舞った五節舞姫で名前や出自がわかる44人を検討した。十世紀初期は公卿層でも実子を舞姫に献上していたこと、十世紀から十一世紀中頃にかけて現存の受領層女が公卿層の舞姫になっていたこと、殿上五節舞姫は十世紀後半以降も実女の可能性が高い事、十一世紀中期以降は、大嘗祭献上舞姫叙爵が実際に行われた事、十二世紀には公卿献上者の高位の親族や近臣女性が舞姫になっていたこと、等を指摘した。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 4 favorites)

服部早苗氏 「平安朝の五節舞姫:舞う女たち」読了。 時と共に変容する舞姫の在り方が描かれていて非常に興味深い。 同氏の著書「平安王朝の五節舞姫・童女 天皇と大嘗祭・新嘗祭 」と併せて読むとより理解しやすいはず。 https://t.co/WXrPSdNaeC

収集済み URL リスト