言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[health][gender][law][Japan][history] 大橋 由香子 (2021) "優生手術(強制不妊化)とリプロダクティブ・ヘルス/ライツ : 被害者の経験から" _国際交流研究 : 国際交流学部紀要_ 23:111-133

Twitter (156 users, 250 posts, 228 favorites)

「世界」2022年6月号(岩波書店)に大阪・東京高裁判決の意味を、被害者の経験と重ねながら書きました「時の壁を破った高裁判決――優生保護法国賠訴訟」。執筆後の6月4日に兵庫の小林喜美子さんが亡くなられ、原告5人が無念のまま逝去。優生手術についてネットで読める拙文は https://t.co/d4MsqD3WAE
3.23厚労省前で、勝訴判決を上告しないでと訴えた北さん、初めてライブで発言してくださった武藤千恵子さんのことも含めて、1997年から声をあげ続けた飯塚淳子さん、その声に気づき裁判を起こした佐藤由美さんと路子さんについて拙稿お読み下さい。 https://t.co/ZpsG4qcyS6
原告の状況は様々ですが 「私の体を元に戻して 国は謝って 人生を返して 二度と繰り返さないで」 とおっしゃいます。 下記拙文お読み頂ければ幸いです。 「優生手術(強制不妊化)とリプロダクティブ・ヘルス/ライツ 」 https://t.co/ZpsG4qcyS6 そして署名にご協力下さい https://t.co/uSAl1Ko3aW
@kana_t_mt 通りがかりの者ですが、突然失礼いたします。すてきな本の写真が載っていたので、つい… よろしければ、下記拙文もお読みいただければ幸いです。 「優生手術(強制不妊化)とリプロダクティブ・ヘルス/ライツ 」 https://t.co/ZpsG4qcyS6
2月8日の集会では原告が国に謝って欲しいと訴えた原告のみなさんのメッセージをお届けします。 優生手術については下記拙文をご参照ください。 https://t.co/ZpsG4qcyS6 「優生手術(強制不妊化)とリプロダクティブ・ヘルス/ライツ : 被害者の経験から」『国際交流研究』 https://t.co/605jKd8lX7
2月8日の集会では原告が国に謝って欲しいと訴えた原告のみなさんのメッセージをお届けします。 優生手術については下記拙文をご参照ください。 https://t.co/d4MsqD3WAE 「優生手術(強制不妊化)とリプロダクティブ・ヘルス/ライツ : 被害者の経験から」『国際交流研究』 https://t.co/xin53AjUkw
優生手術については、下記拙文をご参照ください。 その後、原告がお一人、亡くなられました。国は、自分たちが死ぬのを待っているのか、と憤る原告もいらっしゃいます。 https://t.co/d4MsqDm5OM 「優生手術(強制不妊化)とリプロダクティブ・ヘルス/ライツ : 被害者の経験から」『国際交流研究』
飯塚さん(仮名)の訴え、厚生省(当時)の反応、そして20年余が経過して佐藤さん(仮名)が優生手術についての裁判を起こすまで、原告たちの主張について、こちらをご参照ください。 https://t.co/MIeB8FQKYU
私が行くと言ったわけではないんです。担任の先生が決めて 連れて行かれました。その先生は、私が話しかけても私の話を聞 いてくれずに、すぐ『強情だ、わがままだ』と決めつける人でした。」https://t.co/VYxEeDjGkz
9月13日は熊本地裁、17日は仙台高裁で優生保護法被害裁判。本人の同意なく不妊化させた優生手術は、産むか産まないかを本人ぬきで決め、身体と心を傷つけたことが問題です。「子どもがいない可哀想な人」という捉え方ではなく、リプロダクティブライツを奪った人権問題です。 https://t.co/d4MsqD3WAE
優生保護法訴訟、神戸地裁判決また除斥期間の壁。1996年優生保護法から母体保護法に変わったときには分かったはずというが、当時は臭いものに蓋、政府も国会も謝罪も広報もせず、多くの市民も、まして手術された当事者も法改正すら知らずでした。拙文↓参考にして頂ければ。 https://t.co/d4MsqD3WAE
今晩8時から憲法クラブでお話しいただく大橋由香子さんの論文です。ご参考にして下さい。 https://t.co/pYYpT6bx2H https://t.co/A44ANINLfa
優生保護法裁判原告、飯塚さんや佐藤さん、北さんたちについて書いています。 大橋 由香子 (2021) "優生手術(強制不妊化)とリプロダクティブ・ヘルス/ライツ : 被害者の経験から" _国際交流研究 : 国際交流学部紀要_ 23:111-133 / “フェリス女学院大学学術機関リポジトリ” https://t.co/ZpsG4qtBU6
仙台の優生保護法裁判原告、飯塚さんや佐藤さんたちについて書いています。 大橋 由香子 (2021) "優生手術(強制不妊化)とリプロダクティブ・ヘルス/ライツ : 被害者の経験から" _国際交流研究 : 国際交流学部紀要_ 23:111-133 / “フェリス女学院大学学術機関リポジトリ” https://t.co/ZpsG4qtBU6 https://t.co/zQ8Er1OZN0
今日の優生保護法裁判原告、飯塚さんや佐藤さんたちについて書いています。 大橋 由香子 (2021) "優生手術(強制不妊化)とリプロダクティブ・ヘルス/ライツ : 被害者の経験から" _国際交流研究 : 国際交流学部紀要_ 23:111-133 / “フェリス女学院大学学術機関リポジトリ” https://t.co/ZpsG4qc12y https://t.co/W9ykMSw8At
大橋 由香子 (2021) "優生手術(強制不妊化)とリプロダクティブ・ヘルス/ライツ : 被害者の経験から" _国際交流研究 : 国際交流学部紀要_ 23:111-133 / “フェリス女学院大学学術機関リポジトリ” https://t.co/8ySEbxywtX #health #gender #law #Japan #history

収集済み URL リスト