著者
村上 俊男
出版者
京都文教短期大学
雑誌
京都文教短期大学研究紀要 (ISSN:03895467)
巻号頁・発行日
vol.55, pp.93-102, 2017-03-01

活性酸素の害を防ぐことでその機能性が注目されている抗酸化食品について、DPPH ラジカル消去能の測定法による探索を試みた。その結果、野菜・果物やそれらの飲料は抗酸化力(Δ吸光度/g(ml))が数十前後から百強だったのに対して、香辛料(粉末)は一部を除き概ね数百から数千と高い値を示した。但し一食分を念頭に置くと両者の抗酸化力にほぼ差はなくなること、また強い抗酸化力を有する食品の摂取がヒトの健康に実効があるとの結論づけは時期尚早であることに言及した。

言及状況

Twitter (6 users, 6 posts, 8 favorites)

@akira_pt4ever @cyako831 酸化食品食べていると アシドーシス(酸化過多)になってしまいます。 酸化する食品ではなく、 抗酸化、還元力がある食品が大事ですね。 https://t.co/0ETghyd2ux

収集済み URL リスト