著者
中島 貴子
出版者
名古屋工業大学技術倫理研究会
雑誌
技術倫理研究 = Journal of engineering ethics (ISSN:13494805)
巻号頁・発行日
vol.4, pp.51-77, 2007-11-30

戦後日本の食環境の変化を象徴する食中毒事件と不安訴訟において、各々の事例の重要な社会的意思決定の場面に存在する科学的知見の不確実性に注目すると、不確実性は「無関心」「未解決」「未知」「不知」の4類型に分類できる。4類型の不確実性は、どの事例にも存在するが「無関心」「未解決」型の不確実性が発生する背景を歴史的にみると、個人的な要因から制度的・社会的要因に比重が移っており、科学技術を扱う専門家には、より複雑な倫理的課題が与えられている。

言及状況

Twitter (26 users, 134 posts, 18 favorites)

@tcv2catnap おまけ:「ヒ素ミルク中毒事件といえば, 通常はこの時の被害の集中発生を指し,それまで,およびそれ以降は無事故/とされるのが一般/.しかし, 1953年以降1955年4月以前に発病 したヒ素中毒とみられる症例… https://t.co/EKJrr5MsWF
@tcv2catnap 「「1955年8月24日,/厚生省はMF印の回収を指示」https://t.co/NVUQJctWkoについて、「F印以外のブランド(MV印, MC印)による被害については,被害児の親や/専門家が指摘したが… https://t.co/pmNopuHvTl
@tcv2catnap →「しかし,日本小児科学会と日本公衆衛生学会がそれぞれ後遺症の存在を公式に認め,後遺症の 存在は科学的に疑う余地のないものと位置づけられるに至り,両者の対立は自然消滅した」 同上 中島貴子『科学的知見の不… https://t.co/QQIBqAMofG
@tcv2catnap 「新聞報道と同じ日,森永は/厚生省に被害者の検診を要請し, 厚生省は「後遺症の有無を調査検討するため検診を行う」と発表した(13↓.一方/,各地で多くの医師が自主的に被害者たちの精密検診に取り組みはじめ/同… https://t.co/8tkSfDp64m
@tcv2catnap →森永が約束した後遺症研究のための助成機関は,乳幼児の栄養研究(粉ミルク 開発)の助成機関となり,後遺症に関する公的研究調査は一切,なされないまま月日が流れた.」 同上 中島貴子『科学的知見の不確実性と専… https://t.co/G9XNPhz5pu
@tcv2catnap →かくして,131人が死亡し,/過少評価する西沢基準/すら1万2159人もの被害者が認定された前代未聞の食中毒事件/(1956年2月厚生省発表)/公式発表からわずか1年半たらず/,事件は社会の関心から消えて… https://t.co/7lqEDdyM2b
@tcv2catnap →「厚生省は翌1956年3月,各府県に精密検査/を指示し/希望者だけを対象に/実施された/検査/結果を集計した厚生省は「全貞異常なし.症状を有する者はいずれも中毒催息 以前の原病の継続」と発表した/.→… https://t.co/UVhoK5tbkq
@tcv2catnap 「1955年8月24日,岡山大/と/県衛生部が原因食品(森永製MF印ミルク)と病因物質(ヒ素)を公表./厚生省はMF印の回収を指示し/専門的な第三者機関として,医療問題/「西沢委員会」と補償問題/「五人委員… https://t.co/l8H7MyTV1A

収集済み URL リスト