著者
"シブタニ タモツ 木原 綾香 奥田 真悟 桑原 司"
出版者
鹿児島大学
雑誌
Discussion papers in economics and sociology (ISSN:1347085X)
巻号頁・発行日
vol.1301, (Released:2016-10-28)

"タモツ・シブタニ著, 木原綾香, 奥田真悟, 桑原司訳"

言及状況

Twitter (2 users, 36 posts, 2 favorites)

Tamotsu Shibutani 1955, Reference Groups as Perspectives   https://t.co/wvggEUC9Ar = https://t.co/KzYYsoo56l Herbe… https://t.co/XylzfrSyk3
売春婦とソーシャル・ワーカーとでは、 それぞれ異なった事柄に注意を向ける。 Shibutuani 1955=2013、タモツ・シブタニ、SI、https://t.co/KzYYsoo56l
@TK65802767 「パースペクティブとしての準拠集団」 =http://t.co/KzYYsoo56l
【Bot】社会的世界論  タモツ・シブタニ「パースペクティブとしての準拠集団」(邦訳)   =http://t.co/f85S5VQBDE
【Bot】社会的世界論  タモツ・シブタニ「パースペクティブとしての準拠集団」(邦訳)   =http://t.co/f85S5VQBDE
【Bot】社会的世界論  タモツ・シブタニ「パースペクティブとしての準拠集団」(邦訳)   =http://t.co/f85S5VQBDE
【Bot】社会的世界論  タモツ・シブタニ「パースペクティブとしての準拠集団」(邦訳)   =http://t.co/f85S5VQBDE
【Bot】社会的世界論  タモツ・シブタニ「パースペクティブとしての準拠集団」(邦訳)   =http://t.co/6dSfbASWhB
【Bot】社会的世界論  タモツ・シブタニ「パースペクティブとしての準拠集団」(邦訳)   =http://t.co/6dSfbASWhB
@TK65802767  ①http://t.co/aDVlIIREQd  ②http://t.co/6dSfbASWhB  ③http://t.co/DeJ6TLbvqm
>RT。「地理的境界」×「社会的世界」(http://t.co/6dSfbASWhB)、「地図にないコミュニティ」(https://t.co/IcsLGIhuoa)。
何となくではあるが、目下読んでいる『タクシーダンス・ホール』と同じ「世界」(http://t.co/6dSfbASWhB)を感じる。▼ https://t.co/UXmMRhBFKs
シカゴモノグラフにおける「社会的世界」[http://t.co/FwRtP84JJX]→ブルーマーの「世界」論[https://t.co/bFFHeRnMc9]→シブタニの社会的世界論[http://t.co/Lz8K6PqlI2][http://t.co/6dSfbASWhB]
>RT。http://t.co/6dSfbASWhB
4)https://t.co/oN52B6g9RB 5)https://t.co/3jgSuI80FM 6)https://t.co/hmJs8r8BI9 7)http://t.co/6dSfbASWhB >「J」
⑤「パースペクティブ」の内実について  http://t.co/CozswqYxIS                     >「E」「L」「P」
Bot:SI→これ(http://t.co/Lq5opNEhzy)が読めるぐらいの英語力はつけておいてください(http://t.co/CozswqYxIS)>大学院進学予定のゼミ生・受験生。
Bot:SI→これ(http://t.co/Lq5opNEhzy)が読めるぐらいの英語力はつけておいてください(http://t.co/CozswqYxIS)>大学院進学予定のゼミ生・受験生。
Bot:SI→これ(http://t.co/Lq5opNEhzy)が読めるぐらいの英語力はつけておいてください(http://t.co/CozswqYxIS)>大学院進学予定のゼミ生・受験生。
Bot:SI→これ(http://t.co/Lq5opNEhzy)が読めるぐらいの英語力はつけておいてください(http://t.co/CozswqYxIS)>大学院進学予定のゼミ生・受験生。
Bot:SI→これ(http://t.co/Lq5opNEhzy)が読めるぐらいの英語力はつけておいてください(http://t.co/CozswqYxIS)>大学院進学予定のゼミ生・受験生。
Bot:SI→これ(http://t.co/Lq5opNEhzy)が読めるぐらいの英語力はつけておいてください(http://t.co/CozswqYxIS)>大学院進学予定のゼミ生・受験生。
Bot:SI・・これ(http://t.co/Lq5opNEhzy)が読めるぐらいの英語力はつけておいてください(http://t.co/CozswqYxIS)>大学院進学予定のゼミ生・受験生。
Bot:SIシブタニ「パースペクティブとしての準拠集団」(http://t.co/CozswqYxIS)。
Bot:SIシブタニ「パースペクティブとしての準拠集団」(http://t.co/CozswqYxIS)。
Bot:SIシブタニ「パースペクティブとしての準拠集団」(http://t.co/CozswqYxIS)。
Bot:⑧シブタニ「パースペクティブとしての準拠集団」(http://t.co/CozswqYxIS)。
Bot:⑧シブタニ「パースペクティブとしての準拠集団」(http://t.co/CozswqYxIS)。
Bot:⑧シブタニ「パースペクティブとしての準拠集団」(http://t.co/CozswqYxIS)。
Bot:⑧シブタニ「パースペクティブとしての準拠集団」(http://t.co/CozswqYxIS)。
タモツ・シブタニ著、訳=木原・奥田・桑原(2013)「パースペクティブとしての準拠集団」(http://t.co/CozswqYxIS)。
タモツ・シブタニ「パースペクティブとしての準拠集団」  http://t.co/CozswqYxIS  http://t.co/Fv2nLlMzXa   副読本・参考文献>「D」 「C」 「P」(外国書研究)
小谷敏のミード論、皆川満寿美のヒューズ論、内田健のブルーマー論。何度読んでも面白い。もう4回は読んだかな。その上で、「パースペクティブとしての準拠集団」(http://t.co/CozswqYxIS)を読んで欲しい。>「C」「D」「E」
@TK65802767  http://t.co/CozswqYxIS

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

編集者: Tsukasa Kuwabara
2014-06-23 20:51:44 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト