著者
土坂 恭斗 尾関 基行 岡 夏樹
出版者
人工知能学会
雑誌
人工知能学会全国大会論文集 (ISSN:13479881)
巻号頁・発行日
vol.27, 2013

世界に310万人のユーザを持つポケットモンスターは,相手の情報や性格などを推測して戦うところに魅力があるが,付属のNon player Character(NPC)はそれを楽しめる練習相手とはいえない.本研究では,ベイズ推定を用いて相手の情報を推定し,その事前分布によってNPC自身の性格を表現する手法を提案する.また,試作したNPCを使って人同士のような駆け引きが生じるか否かを実験的に検証する.

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

ポケモンの論文なんてあるんか。 ぷよぷよもあったけど、あれは数学的だからわかるんだけれども。

Twitter (13 users, 14 posts, 0 favorites)

https://t.co/jzGnNlU5e2 ポケモンの対戦について論文で説明しているやつを参考にしよう(?)
ベイズ推定の事前分布による ポケモンNon Player Characterの熟慮性‐衝動性の表現 https://t.co/gnGlLOpoTZ メモ
なるほど https://t.co/hEJOGhdzVY
ベイズ推定の事前分布によるポケモンNon Player Characterの熟慮性‐衝動性の表現 https://t.co/5bejC2KYNf
ポケモンのAIの論文もうあったんか... https://t.co/zDUMlsaQeW
ふーむ。 / ベイズ推定の事前分布によるポケモンNon Player Characterの熟慮性‐衝動性の表現 https://t.co/yn4Y0U62rv
2D1-5in ベイズ推定の事前分布によるポケモンNon Player Characterの熟慮性-衝動性 の表現 https://t.co/Xdplu4uCdj #jsai2013

収集済み URL リスト