著者
五十里 彰 古田 巧 遠藤 智史
出版者
岐阜薬科大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2015-04-01

低マグネシウム(Mg)血症は薬物療法において重大な障害になるが、その発症機序は大部分が不明であり、有効な治療法は全く開発されていない。Mg輸送体の分子実体が未解明であったことが、Mg代謝疾患と創薬研究の遅延を招いたと考えられる。申請者は低Mg血症におけるMgチャネルの発現異常機構を検討し、薬剤性および遺伝性低Mg血症の発症機序を分子レベルで解明した。さらに、低Mg血症の治療につながる化合物の同定に成功した。本研究により、低Mg血症の回避に向けた薬剤の開発基盤が構築された。

言及状況

Twitter (2 users, 4 posts, 6 favorites)

低マグネシウム血症の回避に向けた革新的創薬基盤の構築 ※TNF-αによるMg2+流入の増加 TRPM6発現量と細胞内へのMg流入の低下は、TNF-αによって回復することが示唆された⁈ https://t.co/ebD8hGzo4d

収集済み URL リスト