著者
久岡 朋子 森川 吉博 北村 俊雄 小森 忠祐
出版者
和歌山県立医科大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2015-04-01

自閉症リスク遺伝子として知られているKirrel3遺伝子の欠損マウスを作成し、その行動解析を行った結果、自閉症様の行動に加えて、多動(ADHD様行動)を伴うことを見いだした。さらにKirrel3欠損マウスにおいて、小脳や副嗅球のシナプス部の構造異常を見いだした。これらの結果から、Kirrel3遺伝子欠損による小脳や嗅覚神経回路・シナプス回路の形成異常は、ADHDを伴う自閉症様行動の発現に関与している可能性が考えられた。ADHDを伴う治療抵抗性の自閉症患者で異常となる脳領域・神経回路に関しては不明であり、本研究結果はADHDを伴う自閉症の病態解明につながる重要な知見を提供すると考えられる。

言及状況

Twitter (2 users, 3 posts, 1 favorites)

ADHDを伴う治療抵抗性自閉症モデルマウスの確立とその分子病態の解明 https://t.co/iHI3fLWmbP
発達障害と小脳の関係 KAKEN — 研究課題をさがす | ADHDを伴う治療抵抗性自閉症モデルマウスの確立とその分子病態の解明 (KAKENHI-PROJECT-15K09873) https://t.co/K40jHBqFvA
KAKEN — 研究課題をさがす | ADHDを伴う治療抵抗性自閉症モデルマウスの確立とその分子病態の解明 (KAKENHI-PROJECT-15K09873) https://t.co/fO0xDcwv3d

収集済み URL リスト