著者
神沢 英幸
出版者
名古屋市立大学
雑誌
若手研究(B)
巻号頁・発行日
2015-04-01

男性不妊症は我が国の喫緊の課題である。私たちはこれまでに精子幹細胞活性が将来の精子形成に影響を及ぼす可能性について報告してきた。本研究では将来に造精機能障害のリスクがある停留精巣をモデル疾患として幼少期精巣および男性不妊症精巣における精子幹細胞活性およびセルトリ細胞機能の変化を検討した。その結果、男性不妊症には先天的な精子幹細胞機能低下が生じている症例群がいることが明らかとなり、またそのような精巣では精子幹細胞活性の低下の原因としてセルトリ細胞の成熟異常により発現亢進する一連のカスケードにより精子幹細胞のアポトーシスが進行することが一因と推察された。

言及状況

Twitter (2 users, 4 posts, 4 favorites)

「セルトリ細胞の成熟異常が精子幹細胞のアポトーシスを惹起する物質をセルトリ細胞自身が産生することを明らかにした。」 つまりFSHの高い男性不妊の原因は、セルトリ細胞の細胞増殖時に遺伝子異常が生じて細胞が自然死している。 どうすればいいんだろ? #男性不妊 https://t.co/NRacR2ju9Y
「セルトリ細胞の成熟異常が精子幹細胞のアポトーシスを惹起する物質をセルトリ細胞自身が産生することを明らかにした。」 つまりFSHの高い男性不妊の原因は、セルトリ細胞の細胞増殖時に遺伝子異常が生じて細胞が自然死している。 どうすればいいんだろ? #男性不妊 https://t.co/NRacR2ju9Y
非閉塞性無精子症の精巣ではセルトリ細胞単独症(SCO)がしばしば発見される。 精子幹細胞が発見されないのは分化異常が起きてるかセルトリ細胞の機能変動が起きてるかのどちらか。 #無精子症 #男性不妊 https://t.co/NRacR2ju9Y

収集済み URL リスト