著者
三好 知一郎
出版者
京都大学
雑誌
若手研究(B)
巻号頁・発行日
2016-04-01

多くの真核生物にはレトロトランスポゾンとよばれるゲノム上のある場所から別の場所へと転移する因子が存在し、これらはときにがんなどの疾患の変異原として作用することが分かっているが、その転移機構は依然として不明である。本研究ではこの中でも現生人類で自律的に転移するLINE-1レトロトランスポゾンの転移機構解明に主眼をあて研究を行った。その過程で、1)DNA損傷を認識しこれを修復する多くの因子がLINE-1と物理的に相互作用すること、2)その中でもPARP1、PARP2という因子が転移に重要な働きをしていることが分かり、それらが関与する新たなDNA修復機構のモデルを提唱するに至った。

言及状況

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

前者の機能はまだ不明であるが、ADP リ ボシル化の効果として、1)標的因子の核酸 結合能を変化、2)酵素活性を変化、3)ポ リ ADP リボシル化修飾を認識する別の修復因 子のリクルート、などが提唱されている https://t.co/NpDPxRafZ9

収集済み URL リスト