著者
野口 華世
出版者
共愛学園前橋国際大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2017-04-01

平成30年度の研究について、1の史料蒐集に関しては、八条院・建春門院・建礼門院・殷富門院・七条院・宣陽門院の史料蒐集を実施した。基本的には東京大学史料編纂所架蔵謄写本「院号定部類記」(架蔵番号2057-153)の翻刻が中心となっているが、東山御文庫所蔵本に同系統の写本があるとわかり、そちらを底本とすることとなった。「院号定部類記」の翻刻は当該年度分の建礼門院・殷富門院・七条院・宣陽門院については進み、ほぼ完了に近い状況である。また昨年度、「院号定部類記」に未収載とわかった皇嘉門院についても、東京大学史料編纂所データベースを用いて史料蒐集を行った。これらの翻刻や史料蒐集は、活字化されていないものも多く、まとまった形式で見ることができないので、今後の研究において非常に意義あるものとなる。また、未刊行史料博捜に関しては、「院号定部類記」と同様の史料原本や写本を探すために、尾張の蓬左文庫において史料調査を行った。関連する史料の蒐集を実施した。だが、今のところ蔵書検索システムで拾えるものは限りがあったので、できれば再調査が必要であることが判明した。さらに京都大学総合博物館の所蔵文書の調査も実施し、関連史料の蒐集を行った。京都大学総合図書館についても、全ての史料調査を終わらせることができなかったので、再度の調査が必要である。2の史料分析、史料蒐集や「院号定部類記」の翻刻が進んだ女院については、基礎的情報を収集することができ、基礎的情報の整理・検討を行った。

言及状況

Twitter (7 users, 7 posts, 10 favorites)

RTした『史聚』53(2020年4月)掲載の野口華世氏の論文はこちらの科研基盤研究(C)成果報告(「女院からみる中世王権の特徴:院号宣下の背景と経緯の検討を通して」)のひとつだと思われる。https://t.co/OZDAtzcaUf https://t.co/afSqQZrgWK

収集済み URL リスト