みょんみょん (@washou3956)

投稿一覧(最新100件)

14 8 8 1 OA 聖徳太子伝記

RT @re_mikan85: ちなみに七月七日のソースは鎌倉時代の覚什さんの書いた『聖徳太子傳記』にはありました。国立国会図書館のデジタルコレクションで一応読めるけど読めない https://t.co/HUzGp8CuEg 訳本もあるでよ https://t.co/Mbek7…
RT @quiriu_pino: 小倉嘉夫, 倉恒康一, 中司健一, 長村祥知, 西田友広, 目次謙一「大阪青山歴史文学博物館所蔵「吉見家文書」の翻刻と解説」 大阪青山大学紀要 (11), 19-40, 2019-03-31 https://t.co/APh8zmluMa pd…
CiNii 論文 -  足利義教の文学活動について : 附・足利義教文学年譜稿 (中世小特集) https://t.co/CBrD5qaFFm #CiNii
CiNii 論文 -  足利義教と花見 (今泉隆雄先生追悼号) https://t.co/NeBRt08LBA #CiNii
CiNii 論文 -  足利義教と美術 : 北山と東山をつなぐ (特集 東山御物(ひがしやまごもつ)の魅力 : 日本美の規範) https://t.co/Tv2EwHfCad #CiNii
CiNii 論文 -  足利義教の法華経談義 : 林光院住持雲叟と義教 (工藤和男先生 竹居明男先生 退職記念論文集) https://t.co/s6KGKn5Y45 #CiNii
RT @quiriu_pino: 把握してなかったけど、就実大学の吉備地方文化研究所で10年前から着々と『実隆公記』の注釈を作っておられたようだ。 https://t.co/GKABq6qgWV
PDF公開。伊崎久美「『方丈記』前半部における安居院唱導の受容」(『熊本大学社会文化研究』18、2020年3月)古注「方丈記抄」の著者加藤盤齋が指摘した同記における「維摩経」からの影響を具体的に検討、同記に対する安居院唱導の受容へと論を繋ぐ。https://t.co/fwQyF0Ebjv #こんな論文がありました
PDF公開。田中徳定「釈迦像の日本的変容:唱導資料を中心として」(『駒澤國文』57、2020年2月) 仏法を説いた釈迦が、日本の追善供養においてどのように語られ、どう変容していったのか、願文・表白・説草などの唱導資料の記事から考察する試み。https://t.co/YXj1Lm56AH #こんな論文がありました
PDF公開。塩谷菊美「軍記の描く本願寺と一揆:細川両家記・越州軍記・信長公記」(『同朋大学仏教文化研究所紀要』39、2020年3月)「石山合戦」と同じか直後の時期に作られた軍記の作者たちが、本願寺の一揆をどうみていたかを検証しようとするもの。https://t.co/AOnlwzrMXf #こんな論文がありました
「玉塵抄」は国文学・国語学の方面から研究がされているが、日本史側でも川戸貴史「『玉塵抄』にみる戦国期日本の貨幣観」(『千葉経済論叢』48、2013年7月、PDF公開)があるので、こちらも参照のこと。https://t.co/crd0j8M23m
なお、解題はこちらを参照のこと。PDF公開。https://t.co/SX4XkD29Bg
PDF公開。鈴木賢祐・大島英之・小池俊希・康凱欣・常世田将希「東大国語研究室蔵『玉塵抄』の翻刻(二)」(『日本語学論集』16、2020年3月)https://t.co/oAfqVvy894 #こんな論文がありました
PDF公開。鈴木賢祐・康凱欣・大島英之・小池俊希・北﨑勇帆「東大国語研究室蔵『玉塵抄』解題と翻刻(一)」(『日本語学論集』15、2019年3月)※「玉塵抄」は相国寺鹿苑院主(僧録)の惟高妙安の著作で、永禄6年(1563)成立とされている。https://t.co/aH37g9CjlY #こんな論文がありました
CiNii 論文 -  鶴岡八幡宮における供僧の成立と役割 https://t.co/YZjkkfhHF5 #CiNii
CiNii 論文 -  室町期における大炊寮領と中原氏 https://t.co/SLEqzQaQqk #CiNii
@TAEYEON0226S ありがとうございます。下坂論文、やっぱり大事ですね。いちおう手許にある論文コピーを捲って、ようやくそれらしきものを発見したのは、森茂暁氏による歴研大会報告の批判文でして、末尾で土倉の文化的機能について簡潔ながら触れていました。https://t.co/ExijwKvZnh
山本真紗美「新日吉小五月会の成立と展開」(『鎌倉遺文研究』21、2008年)、遠藤基郎「結論」(同『中世王権と王朝儀礼』東京大学出版会、2008年)、齋藤拓海「新日吉小五月会の構造と変遷」(『史人』4、2012年)。齋藤論文はPDF公開済。これ以降はなさそう?(2/2) https://t.co/v0TdbfjVJH
PDF公開。峰尾恵人「「寺社と森林」研究序説」(『入会林野研究』40、2020年)入会林野研究との比較によって寺社林研究の動向を明らかにし、寺社有林の唯一の網羅的資料である農林省山林局編『社寺林の現況』を検討、同研究の今後の課題を論じる。https://t.co/ikxtb48u0a #こんな論文がありました
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 高野山大の図書館紀要があったとは 木下 浩良「『奥院御廟橋供養表白』の紹介と翻刻」 高野山大学図書館紀要 (4), 43-66, 2020-03 https://t.co/xJ7k30tZEe
RT @BungakuReportRS: 告井 幸男・木本 久子・中村 みどり・林原 由美子 - 訳注日本文徳天皇実録(一) https://t.co/Yp7mMi0nEO
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒清水優果 「南北朝時代における地方武士の動向とその待遇―播磨国を通して―」 『日本女子大学大学院文学研究科紀要』26 (2020-3) https://t.co/4r6O7dY3Jd
CiNii 論文 -  中世「名を籠める」文書論--宝珠院現蔵文書のなかの籠名札・調伏札の紹介 https://t.co/G3SxYbBtF0 #CiNii
CiNii 論文 -  興福寺大衆と放氏―朝廷訴訟制度にみる放氏の実態― https://t.co/lMdY6dvKOa #CiNii
CiNii 論文 -  室町期における「鎮護国家」の社会的展開--「洛中洛外」と鴨河原をめぐって https://t.co/t7lPyv1ymB #CiNii
CiNii 論文 -  【書評】Mikael S. Adolphson, The Teeth and Claws of the Buddha: Monastic Warriors and Sohei in Japanese History, Honolulu, University of Hawai'i Press, 2007, xvi+212pp https://t.co/bbf0Jj9Ko9 #CiNii
〈用言連体形+之+体言〉の句形、小林芳規「「花を見るの記」の言い方の成立追考」(『文学論藻』14、東洋大学文学部日本文学文化学科編、1959年)など国語学のほうでは「之」字を不読とするらしい。花園天皇日記研究会「『花園天皇日記(花園院宸記)』訓読と注釈」で知った。https://t.co/GqIIL8QZ1H
CiNii 論文 -  平安鎌倉時代の漢籍訓点資料に於ける文末の「之」字について https://t.co/gDSkHbOfh5 #CiNii
CiNii 論文 -  阿蘇文書に見える九州方言的な中世記録語をめぐって (伊原信一教授退職記念特輯号) https://t.co/GK6iiNlYzw #CiNii
CiNii 論文 -  平松家本『平家物語』の「於」字の用法について https://t.co/p6X5Tr139j #CiNii
CiNii 論文 -  鎌倉時代漢籍訓読における訓読法の一実態 : 高山寺蔵論語巻第七・巻第八清原本を例として https://t.co/AluwzFxlM9 #CiNii
CiNii 論文 -  豊臣政権における寺社支配の理念 https://t.co/L7BxedtXzZ #CiNii
CiNii 論文 -  織田政権における寺社支配の構造 https://t.co/NRm5HsoPeU #CiNii
朴秀哲『織田・豊臣政権の寺社の支配と天皇』(2012年9月)が刊行されていたことをはじめて知ったけど、(言語能力的に)読めない…。読みたい…。新稿はあるのかしらん…。https://t.co/yOdeMwWpAM
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 山本康司 - 南北朝期室町幕府官制の研究 https://t.co/QVL0si2A8B
メモ。竹井明男「天神信仰編年史料集成・同続編稿、訂正追補(続)【付】拙稿「天神信仰の地域的拡大:十三世紀前半頃までを中心に」補遺」(『文化史学』69、2020年3月)同氏の天神信仰シリーズの最新作が出ていたようだ。https://t.co/AnEmEB0qpE #こんな論文が出ていたようです
RT @nekonoizumi: 論文の末尾と言えば、今まで読んだ中で末尾が一番唐突だったのが、 香内三郎「クロムウェル治下における「寛容」の限界」 というクロムウェル共和制下の「寛容」とクェイカーの論文。 https://t.co/9mEIkevxt4
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 野中 哲照「公地公民制から王土王民思想へ : 王朝国家における〈神聖天皇〉成立の回路」 古典遺産 (68), 1-26, 2019-03 https://t.co/tTnHiecyk7
CiNii 論文 -  青蓮院蔵表制集及び灌頂阿闍梨宣旨官牒の紙背文書について https://t.co/87wJfz9Qnq #CiNii

7 0 0 0 OA 房玄について

PDF公開。小木曽千代子「房玄について」(『中京大学文学部紀要』54-1、2019年12月)内容の紹介はリンク先を参照。https://t.co/iHN6v8Mn2X #こんな論文がありました https://t.co/vrRlG97tU1
RT @nknatane: https://t.co/7az4hEjsjs 今谷明「戦国時代の社会」(『中世文学』41、1996)。これは明応の政変関係だけど、家永説が出た直後の今谷氏の発言がある。このころ今谷氏は80年代にまとめた、畿内政治史・守護研究から関心を移しているので…
CiNii 論文 -  律令制大臣からみた光仁・桓武期 https://t.co/Gbe3Tg8gjG #CiNii
RT @rin9yuu: 山﨑善弘「近世地域社会論の動向と課題―個別性の把握と一般化・普遍化の両立に向けて―」(『東京未来大学研究紀要』第14号、2020年、221-231頁)のPDFが公開されていた。 https://t.co/R1DZHvE3Ki
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。自伝的内容です。 大隅 和雄「日本中世思想史への歩み」 東京女子大学比較文化研究所附置丸山眞男記念比較思想研究センター報告 (14), 80-85, 2019-03-22 https://t.co/kPEY…
RT @nknatane: 村瀬貴則『南北朝内乱における寺院軍事活動の研究』(名古屋大学博士論文、2019)https://t.co/zC9RPRHthC 要旨などを公開している。
PDF公開&メモ。澤田善明「戦国期の東大寺大仏殿再興:永禄11年を中心として」(『駒沢史学』65、2005年7月)しまった。未読だったけど、これはかなり大事なのでは…。https://t.co/hdWAqNk5Kz
メモ。『前近代ユーラシア西部における貨幣と流通システムの構造と展開』(2020年2月)。櫻木晋一「ケンブリッジ大学フィッツウイリアム博物館所蔵の朝鮮貨幣」など。科研報告書だと思われるが、こちらも目次・他執筆者は不明。追跡調査すべし。https://t.co/k8fC5uS1Fk #こんな論文が出ていたようです
RT @nknatane: 岩永紘和「史料紹介 興禅寺蔵「南豊大和尚遷化之際書簡集」」(『飯田市美術博物館研究紀要』30、2020)。妙心寺派寺院所蔵文書の紹介で、戦国期の禅僧の書状が中心。美濃をはじめ広範な交流がうかがえるようだ。斎藤義龍や武田信玄・勝頼に関するものも。PDF…
メモ。安藤弥「「一向宗(衆)」考」(『眞宗研究:眞宗連合學會研究紀要』64、2020年1月)https://t.co/vRTDyf80Ek #こんな論文が出ていたようです
メモ。小此木敏明「立正大学古書資料館所蔵『今川家集』再考:冷泉為広、『和歌駿河草』との関連を中心に」(『立正大学國語國文』58、2019年)https://t.co/IX2H25dtJY #こんな論文が出ていたようです
PDF公開。佐々木文昭「関東新制補考」(『北海道武蔵女子短期大学紀要』52、2020年3月)鎌倉幕府の政策決定過程における「意見(状)」に着目。そこで得られた知見を基に関東新制の制定作業を再検討し、従来の自説を修正する。近年の研究も多く参照。https://t.co/P3NmBjC0jN #こんな論文がありました
RT @chiisagosha: 昨年6月の公開講演会「日本中世の「地下」社会―薗部寿樹の文書論と春田直紀の生業論から考える―」の報告が立教大学学術リポジトリで公開されています。 佐藤雄基「趣旨説明 付・報告要旨」、冨善 一敏「薗部寿樹『日本中世村落文書の研究 : 村落定書と署…
RT @BungakuReportRS: 吉田 卓爾 -  十五世紀の将軍家及び寺家における宋・元・明絵画受容に関する予備的考察 : 『蔭凉軒日録』に記される相国寺伝来の絵画を中心に https://t.co/QgBFKfHKpS
鈴木芳道「鎌倉時代の公武婚」(『鷹陵史学』30、2004年9月、PDF公開)より。 https://t.co/eETJ4J9keX https://t.co/Dp3V3JQyh8
CiNii 論文 -  『栄花物語』の叙述方法 : 道長政権成立までの道筋 https://t.co/YqY27ARlz2 #CiNii
CiNii 論文 -  戦国期常陸国江戸氏領絹衣相論に窺う都鄙間権威・権力・秩序構造 https://t.co/4DppNN9UfP #CiNii
山王礼拝講、天台座主をはじめ一山住職や、特に若手の住職が中心になり出仕する論義法要。論文として長谷川裕峰「山王礼拝講の成立に関する一考察」(『叡山学院研究紀要』35、2016年3月)などがある。https://t.co/5mWc5OwSY4
メモ。池田尚隆「『権記』寛弘六年二月六日条:藤原行成と中関白家」(『山梨大学国語・国文と国語教育』23、2020年2月)https://t.co/hd7Xib7Tu5 #こんな論文が出ていたようです
メモ。北山円正「藤原基俊・忠通の贈答詩歌:光覚の竪義をめぐって(上)」(『神女大国文』31、2020年3月)https://t.co/RFZr59F8QV #こんな論文が出ていたようです
CiNii 雑誌 - あああああ : 詩誌 https://t.co/xW895tP4Cm #CiNii
CiNii 論文 -  VRML建築入門(第3回)「ぅぅああああああっっっっっっっ」 https://t.co/PTFYlToSU8 #CiNii
CiNii 図書 - ああああ : ああああああああああ https://t.co/N8NP3lU8nL #CiNii
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 長又 高夫「「御成敗式目」第八条の法解釈をめぐって」 国学院法学 57(3), 1-48, 2019-12 https://t.co/zd2JZxBkDJ
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。 佐竹 真城「<資料紹介>称名寺聖教『往生礼讃光明抄』翻刻」 日本研究(60), 221-254, 2020-03-31 https://t.co/BkwoR5crGX
RT @nknatane: 『史苑』最新号がリポジトリ公開。80(2)では日本中世史のシンポの記録があるが、80(1)の宮紀子「諫早庸一「書評 宮紀子『モンゴル時代の「知」の東西』」に対する疑義」が強烈。https://t.co/VHhxN1sMBK
RTに関連して桃崎有一郎「鎌倉末期の得宗家儀礼に見る長崎円喜・安達時顕政権の苦境:得宗空洞化・人材枯渇・幕府保守」(『日本史研究』684、2019年)を読もうと思い、腐海に立ち入るも発見できず。なんてこった。 https://t.co/v3dhQH0VQ5
PDF公開。新谷和之「越前国一乗谷周辺での山林用益」(『民俗文化』31、近畿大学民俗学研究所、2019年10月)「中世山城跡での土地利用の歴史を重層的に把握するという問題意識のもと、越前国一乗谷城とその周辺の山林利用の実態を探った」https://t.co/zyR3YCWPHR #こんな論文がありました
PDF公開。佐藤耕太郎「『塵芥集』から探る奥羽の自力救済社会」(『国士舘史学』22、2018年3月)「塵芥集」から戦国期の奥羽における村落の「自力救済」体系を他分国法と比較・検討。村落が自身の運営上の問題にどれほど主体的に解決したかを探る。https://t.co/4EHJJEN6tZ #こんな論文がありました
メモ。久野雅司「織田信長と足利義昭の政治・軍事的関係:永禄十三年正月二十三日付け「五ヶ条の条書」の検討を中心として」(『東洋大学人間科学総合研究所紀要』22、2020年3月)https://t.co/gvxl6J4mVc #こんな論文が出ていたようです
RT @washou3956: 引用は瀬野精一郎「日本:中世一(回顧と展望)」『史学雑誌』89-5、1980年)。1980年当時にあって、それ以前の中世史研究が扱ってきた問題に正面から取組んだ論文が減少していることを憂いたもの。https://t.co/1aIo4KUrQD
RT @BungakuReportRS: 磐下 徹・久米 舞子 -  『水左記』註釈(康平五・六年) https://t.co/iZ20Bu6bHU
PDF公開。伊藤寿和「中世の密教僧が描いた特異な「独鈷型日本図」に関する歴史地理学的研究:大和国の室生寺と仏隆寺を中心として」(『日本女子大学紀要.文学部』69、2020年3月)「独鈷型日本図」(建徳元年1370書写)を歴史地理学の立場から再検討。https://t.co/u6S6gV2Fbx #こんな論文がありました
RT @yusaku_matsu: オープンアクセス CiNii 論文 - 山口隼正「 田中義成日記と『大日本史料』創刊のことども」 http://t.co/kwj6IFYn #CiNii
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 本文PDF公開。 橋本 素子「中世後期東国の政治儀礼における喫茶文化について」 寧楽史苑 (64), 1-15, 2019 https://t.co/ZmR23J2301
PDF公開。宮崎幹朗「判例研究:花押と自筆証書遺言における押印の意義[最高裁平成28.6.3判決]」(『西南学院大学法学論集』52-1、2019年8月)押印がなく花押が書かれた自筆証書遺言は、民法968条1項に定める要件を満たすか否かが争われた裁判の研究。https://t.co/P2p2qfzavO #こんな論文がありました
PDF公開。松尾剛次「最上義光花押再考」(『山形大学紀要.人文科学』19-3、2020年2月)最上義光の花押について、その類型と変遷を考察。https://t.co/6kOZLQpkNy #こんな論文がありました
RT @mas_nk19: 武田昌憲「「後南朝」と『拙堂文集』覚書」(『尚絅語文』9、2020) https://t.co/oYVnUxY2sI Ciniiにリンクはありませんが、PDFは以下で公開。 https://t.co/VJESqVOFhK #こんな論文がありました
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました 渡辺 真治「榛谷重朝の基礎的研究 : 『吾妻鏡』を中心に」 神奈川県立公文書館紀要 (7), 89-104, 2019-03 https://t.co/ikos4t3e7a

6 0 0 0 OA 八坂神社記録

『八坂神社記録上』(https://t.co/lJo9Gvrwl4) 『八坂神社記録下』(https://t.co/JJ3kgqBKkx) #在宅研究 #デジコレで中世史

6 0 0 0 OA 八坂神社記録

『八坂神社記録上』(https://t.co/lJo9Gvrwl4) 『八坂神社記録下』(https://t.co/JJ3kgqBKkx) #在宅研究 #デジコレで中世史
RT @tanonaka2: 「各守護家または国別の守護発給・受給データベースを収録したCD-ROMを添付した報告書を作成する。報告書には、守護職の変遷や各データベース作成の方針、データベースから読み取れる特徴、考察や研究の手引きなどを盛り込んだ解説(解題)を掲げ」るとのこと(…

お気に入り一覧(最新100件)

#こんな論文がありました 樋笠 逸人『日本古代中世における儀礼と史料・空間・思想』博士論文(2019-03-25)要旨pdf公開https://t.co/r850kvQTxf
村瀬貴則『南北朝内乱における寺院軍事活動の研究』(名古屋大学博士論文、2019)https://t.co/zC9RPRHthC 要旨などを公開している。
岩永紘和「史料紹介 興禅寺蔵「南豊大和尚遷化之際書簡集」」(『飯田市美術博物館研究紀要』30、2020)。妙心寺派寺院所蔵文書の紹介で、戦国期の禅僧の書状が中心。美濃をはじめ広範な交流がうかがえるようだ。斎藤義龍や武田信玄・勝頼に関するものも。PDFも公開→https://t.co/qG2PKj2RF9
山口道弘「三上参次と官学アカデミズム史学の成立」『法政研究』86(4)、2020年3月。https://t.co/ZrmLuURujN

2 0 0 0 大東史學

いま気づいたけど、昨年3月に、大東文化大学歴史文化学会が『大東史學』という雑誌を創刊したらしい。2号まで出ていることを確認。 https://t.co/FDEUpgelQQ
RT『日本古代官司制度史研究序説』はNDLデジタルコレクションから目次が確認できる。前者は書評をみるとか。https://t.co/8GAmjutLcg
訓点語と訓点資料 - 国立国会図書館デジタルコレクション※1〜81号が公開 https://t.co/oO6EO2sGSv
#こんな論文が出ていたようです 梶木 良夫「十四世紀山城国紀伊郡とその周辺の地域秩序について」 神女大史学 / 神戸女子大学史学会 編 (36) 2019-11 p.1-16 https://t.co/orlvpU7KnX
今日は北野社からの大報恩寺からの宝鏡寺。 北野社で日本書紀の平安鎌倉室町各写本と、昨年校倉から発見されたいう神輿の金具を見られたのは激熱。 大報恩寺も初拝観。六観音菩薩の肥後定慶は、最近九条道家との関係が示唆されているようです。 https://t.co/xy5kxv5IGb
こんな書評出てたみたいです 桜井 英治「書評 深尾京司・中村尚史・中林真幸編『岩波講座日本経済の歴史1 中世 11世紀から16世紀後半』 」 国民経済雑誌 220(6), 97-102, 2019-12 https://t.co/yMmtwX0XkH
この点について興味のある方は、和多先生の「十念極楽易往集について」(『印度学仏教学研究』第32巻第1号、1983年)をご覧ください。https://t.co/i8jL3Es0AE
和多先生が、西南院所蔵の『寛治二年白河上皇高野御幸記』を紹介された論攷です。PDFで公開されておりますので、ぜひご覧ください。 https://t.co/w2ANvQ84QE https://t.co/NLnN4eTDmK
和多先生が、西南院所蔵の『寛治二年白河上皇高野御幸記』を紹介された論攷です。PDFで公開されておりますので、ぜひご覧ください。 https://t.co/w2ANvQ84QE https://t.co/NLnN4eTDmK
小倉嘉夫, 倉恒康一, 中司健一, 長村祥知, 西田友広, 目次謙一「大阪青山歴史文学博物館所蔵「吉見家文書」の翻刻と解説」 大阪青山大学紀要 (11), 19-40, 2019-03-31 https://t.co/APh8zmluMa pdf公開。吉見家文書49点を紹介。いずれも戦国~近世初期の正文で、5点は新出、44点は萩藩閥閲録収録。
こんな論文が出てたようです。 飛鳥井 拓「片山文書」と丹波国和知荘片山氏の動向」 丹波 / 丹波史談会 編 (20):2018 p.20-43 https://t.co/PL7Uff2KaL
『台密綱要 台学階梯』天台宗務庁学務課 編/大正3/133p/ >https://t.co/057qX0HjuU 『台学階梯~台密綱要と円戒綱要~』と表記するほうが適切なように思われるが、天台密教の全体を見渡した貴重なもの。円戒綱要については、円頓戒の浄土宗への流伝についても触れてある https://t.co/gyEdCHx7vM
「学問の道は抄出を宗となす」。『渓嵐拾葉集』や『行林抄』などの中世仏教の要文集(ぬきがき集)を模範として、著者が金沢文庫の史料から拾い集めた文句を集めたもの。 高橋 秀栄「平安・鎌倉仏教要文集-上-」 駒沢大学仏教学部研究紀要 (50), p192-222, 1992-03 https://t.co/YvRne1sgW0
全文公開の博論をいくつか発見。高橋秀城『中世密教文学の研究』(https://t.co/qiGONkKvte)、廣瀬良文『中世禅宗の展開と相伝資料 : 特に曹洞宗の説話を中心として』(https://t.co/Yr5b94LpV0)、佐野真人『平安時代前期における儀礼整備史の基礎的研究』(https://t.co/EJtdzI6unq)。凄い…。
辻善之助の回想か、面白そう。辻善でググったら、「歴史教育体験を聞く 武井正教先生」という聞き取りが出てきた。1922 年 1 月15 日生まれで、立正大学史学科で辻にならった。1947年脱稿の卒論は「課題的生の時間的行為体系としての歴史に於ける天皇の研究」https://t.co/OlTDjsWWlM

21 0 0 0 OA 安保文書

安保文書、実は戦中期の写真&翻刻がNDLデジコレで公開されてたりする。北畠顕家卿奉賛会という謎の団体の編だが、翻刻と解説は史料編纂所の松本周二(第六篇担当)。のち戦没したので蔵書が佐藤進一に渡り、室町期に研究を広げるきっかけになったとか。 『安保文書』昭和16 https://t.co/dpcZrrNBD5
RT:おそらくこの2つに、なにか得るものがあるはず ◎CiNii 論文 - 地藏院流に就て : 特に三學院相承實勝方法流 https://t.co/ymOxFzta8E #CiNii ◎J-STAGE Articles - 願行方法流の関東での広がり方について(智豊合同教学大会紀要) https://t.co/PxcXR8VwXB
RT:おそらくこの2つに、なにか得るものがあるはず ◎CiNii 論文 - 地藏院流に就て : 特に三學院相承實勝方法流 https://t.co/ymOxFzta8E #CiNii ◎J-STAGE Articles - 願行方法流の関東での広がり方について(智豊合同教学大会紀要) https://t.co/PxcXR8VwXB

32 0 0 0 OA 図書寮典籍解題

宮内庁書陵部編『図書寮典籍解題 歴史篇』(養徳社、1950) https://t.co/6PozwzZikP こんな解題があったとは&ウェブで公開されてたとは。「書陵部所蔵資料目録・画像公開システム」とあわせて使いたい。
いまこそこちらが参照されるべき。 森脇江介「科学研究費交付金制度と基礎研究振興論:科学振興調査会と帝国議会における議論を通じて」(特集 戦前・戦中期における学術支援体制の形成) https://t.co/UG9CdJlqyS
近デジで発掘、大阪府立図書館編『皇室関係大阪府郷土資料陳列目録』(1916)。http://t.co/35SS3pEBBz 大坂府立図書館の展示目録。四天王寺、住吉神社、久米田寺、金剛寺、観心寺など、古文書何百通集めてんだよという大展示。翻刻もあり、フツーに史料集として使える。

フォロー(5001ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

小林和幸先生が、「昭和会館創立90周年講演会」で、 「帝国議会貴族院の役割と男爵議員-昭和会館と公正会の成り立ち」 という講演をされたようなので、関わっておられるのだろうな。 https://t.co/vvXNqmfiEo
あ、、、その論文は院生の頃のやつなんで、出来れば読まないでいただければ…。良ければこちらをお願いします。。。https://t.co/q17KhxBm1c https://t.co/7vemSXe33M
RT @nonori915: ざっと検索した限りでは、東博での展示は2013年以来らしい。他館での展示も見当たらず、7年ぶりの公開ということだろうか。 ColBaseは参照すべき文献を載せないので不便だ。秋山光和「「源氏物語絵巻」若紫図断簡の原形確認」かな。 https://t…
RT @nonori915: ざっと検索した限りでは、東博での展示は2013年以来らしい。他館での展示も見当たらず、7年ぶりの公開ということだろうか。 ColBaseは参照すべき文献を載せないので不便だ。秋山光和「「源氏物語絵巻」若紫図断簡の原形確認」かな。 https://t…
「長野県内における小中学校用社会科副読本 : 作成状況と内容構成の分析を通して」 https://t.co/Bi7EWhktHx
RT @tawaki79: 少し前のものだけどこのタイミングで読む意義が大きそう。この論文で用いている「根付きの空間」という概念が興味深いです。 中澤高志、2012、「自治体の緊急相談窓口利用者にみる間接雇用労働者の不安定性 ―2008年の金融危機に伴う雇用調整の帰結―」『人文…
CiNii 論文 -  電子媒体における「フィラー」 https://t.co/EI8ZKfW9JX #CiNii 誰かこういうの調べてそうだなー、と思ったら実際あったわ。 ※「フィラー」……「うーん」とか「えっと」みたいな繋ぎの言葉のこと。
RT @ishihara_shun: 明学平和研機関誌『#PRIME』43号(20年3月)に掲載された、清水美里先生による拙著『硫黄島』(#中公新書)の書評が公開されました。これは本当にすばらしい書評で、ぼくがこの本に注ぎ込んだいくつもの意図や仕掛けを、ほぼすべて掴み取っていた…
明学平和研機関誌『#PRIME』43号(20年3月)に掲載された、清水美里先生による拙著『硫黄島』(#中公新書)の書評が公開されました。これは本当にすばらしい書評で、ぼくがこの本に注ぎ込んだいくつもの意図や仕掛けを、ほぼすべて掴み取っていただいています。ぜひご一読ください https://t.co/uMc92hxQDq
RT @digitalarchivej: [C44] 文化継承の場における情報技術の在り方 (原 翔子さん. 東京大学大学院学際情報学府) https://t.co/oGZKIwtF69
RT @digitalarchivej: [C42] デジタルアーカイブにおけるDOIなどの永続的識別子の利用 (時実 象一さん. 東京大学情報学環) https://t.co/aWmPgRBjPP
RT @digitalarchivej: [C34] 統一著作権指令でデジタルアーカイブ化を推進する欧州 (城所 岩生さん. 国際大学) https://t.co/KD9yOjgJSz
RT @digitalarchivej: [A24] 参加型コミュニティ・アーカイブのデザイン: デジタル・ストーリーテリングや参加型まちづくりの融合 (真鍋 陸太郎さん. 東京大学大学院) https://t.co/1Ciop5rAEz
RT @digitalarchivej: [C33] デジタルアーカイブシステム及びソフトウェアの品質管理標準化に向けた課題整理: デジタルアーカイブアセスメントツールと産業規格の対応付けに着目して (大橋 正司さん. サイフォン合同会社) https://t.co/Q474f…
RT @digitalarchivej: [B33] 「阪神淡路大震災取材映像アーカイブ」の取り組み: 四半世紀を経てのアーカイブ公開 その目的と課題  (木戸 崇之さん. 朝日放送テレビ(株)) https://t.co/UON0gaBQ0S
RT @digitalarchivej: [B44] データで見るタカラジェンヌ: 「在団期間」と「退団」についての集計 (坂部 裕美子. 公益財団法人 統計情報研究開発センター) https://t.co/gJCWxLo3G3
RT @digitalarchivej: [C21] 国の分野横断型統合ポータル「ジャパンサーチ」: 正式版公開に向けて (高橋 良平さん. 国立国会図書館) https://t.co/ViW4sWwDmX
RT @digitalarchivej: [C22] 多面的・多角的な視座を育むデジタルアーカイブ活用授業の提案: ジャパンサーチの教育活用 (大井 将生さん. 東京大学大学院学際情報学府) https://t.co/yu6lzSj2iY
RT @digitalarchivej: [C23] 科博の統合データベース:科学系博物館のデータベースの一例として (大野 理恵さん. 国立科学博物館) https://t.co/YkhKweemdz
RT @digitalarchivej: [B31] 未組織化映像のアーカイブおよび利活用手法の研究: 中部大学放送研究会番組映像を事例として (安永 知加子さん. 中部大学) https://t.co/Lu9F3pJCuS
RT @digitalarchivej: [B13] デジタルコンテンツと継続性: 明治大正期書画家番付データベースを例に (小山田 智寛さん. 東京文化財研究所) https://t.co/L1EGFRFWrS
RT @digitalarchivej: [A44] 歴史地震研究とデジタルアーカイブ (加納 靖之さん. 東京大学) https://t.co/CIvbVJXdpv
RT @digitalarchivej: [A42] 防災ワークショップを活用した災害写真の収集とデータベース化: 災害アーカイブぎふの取り組みから (小山 真紀さん. 岐阜大学) https://t.co/WAmScqpK4s
RT @adhara_mathphys: CiNii 論文 - 誤解されているブラケット : 共役演算子をめぐって(談話室) https://t.co/L2UcWkDie4 #CiNii
RT @digitalarchivej: [A32] 写真の里帰り: 米国所在の戦後日本の写真を地域へ還元するプロセスとその課題 (佐藤 洋一さん. 早稲田大学) https://t.co/njYh5O4FWO
RT @digitalarchivej: [A21] 祭りの準備に着目したデジタルアーカイブの構築: 美濃まつりの記録を例として (林 知代さん. 岐阜女子大学) https://t.co/vvaxsuIMHM
RT @ktgis: NHKで「小さな旅」を見てたら、岐阜和傘が取り上げられていた。昭和20年代が最盛期だったそうだが、どうりで終戦直後のモージャー氏撮影の写真に複数入っているわけだ。国会図書館デジタルアーカイブ https://t.co/0H5em0Kjbs https://…
RT @manju1635: 蓮田 隆志・米谷 均「近世日越通交の黎明」(『東南アジア研究』56-2、2019年) https://t.co/iMIvonJJj1
岸田由美(2017)「国立大学におけるムスリム留学生の宗教的ニーズへの対応事例:金沢大学に礼拝室ができるまで」『留学生交流・指導研究』20, 39-52. https://t.co/sRCwWh000c 金沢大学は2010年から一部学食にハラールメニュー導入。 金沢大学生活協同組合 https://t.co/oU94iO7Igg
Kueny, Kathryn 2001: The Rhetoric of Sobriety : Wine in Early Islam https://t.co/RDRPsbqRJ4 イスラーム社会で飲酒の禁止とワイン文化がどのように折り合ったのか。『千夜一夜物語』では酒はほぼナビーズnabidhと呼ばれていなかっただろうか?(『カーブースの書』では確かそう
RT @quiriu_pino: 小倉嘉夫, 倉恒康一, 中司健一, 長村祥知, 西田友広, 目次謙一「大阪青山歴史文学博物館所蔵「吉見家文書」の翻刻と解説」 大阪青山大学紀要 (11), 19-40, 2019-03-31 https://t.co/APh8zmluMa pd…
RT @MValdegamas: 「日本再軍備の起源―米国政府内における検討の開始と頓挫,1946年~1949年」『近畿大學法學』66巻3・4号 https://t.co/LRzkCBwS1d 「歪な制度化―安保条約・行政協定交渉における日米同盟,1951-52年」『近畿大學法…
RT @MValdegamas: 「日本再軍備の起源―米国政府内における検討の開始と頓挫,1946年~1949年」『近畿大學法學』66巻3・4号 https://t.co/LRzkCBwS1d 「歪な制度化―安保条約・行政協定交渉における日米同盟,1951-52年」『近畿大學法…
RT @MValdegamas: 吉田真吾「日本再軍備の停滞―米国政府による不決断の過程と要因,1949年9月~1950年8月」『近畿大學法學』67巻3・4号(2020年)https://t.co/NaxL8jqjNk リポジトリ登録されておりました。
RT @quiriu_pino: 小倉嘉夫, 倉恒康一, 中司健一, 長村祥知, 西田友広, 目次謙一「大阪青山歴史文学博物館所蔵「吉見家文書」の翻刻と解説」 大阪青山大学紀要 (11), 19-40, 2019-03-31 https://t.co/APh8zmluMa pd…
https://t.co/coRqCDgFxG (PDFページへのリンク) 本中 真「橘俊綱名園選考と、その政治的背景」 に載っている平安時代の各庭園の作庭時期の一覧表がいい。こんな表があるなんて。庭園の議論は室町時代以降ばかりかと思っていた。 https://t.co/OMublNHWYR
@camomille0206 逸見先生ご応答ありがとうございます。学知や文化面での結合の実質については、近世日本の事例それぞれにつき細かな検証が必要だと考えます。むかし研究史整理的に書いたものとしては、つぎの拙稿もあります。→ https://t.co/ribav9WXTx 所収。
RT @bowwowolf: 今更ながら満井佐吉(翼賛選挙で当選)のやばさに気づいている。神国がどうのとか言いまくってる満井の著作が国会図書館デジ・コレクションでタダで読めるので『世界時局と神国日本』(愛国労働農民同志会)をめくっていたら、ラストでいきなり神道天行居の宣伝になり…
RT @BungakuReportRS: 福田 智子ほか - 同志社大学文化情報学部蔵『源氏絵所屏風言葉書』翻刻と考察(行幸巻~幻巻) https://t.co/d6KuPYSXwu
RT @BungakuReportRS: 田中 康二 - 本居宣長『おもひ草』の研究 https://t.co/oZwcBNxnOh
RT @BungakuReportRS: 白石 佳和 - 『コロニア万葉集』と『台湾万葉集』から照射する Performance Literature の可能性 https://t.co/0o4jOesh3h
RT @BungakuReportRS: 鈴木 貴子 - 平安前期物語の「爪弾き」―『落窪物語』を中心に― https://t.co/yPgdnvsiSz
西尾哲夫(1997)「『けちんぼ物語』-中世アラブのユマニスト、ジャーヒズ」小田淳一編『物語の発生学』1,東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所: 93-118. https://t.co/J6uZnDNMCl
鷲見朗子(2005)「アラブ古典文学の口承文化:カスィーダとハバルが伝える「男らしさ」」京都ノートルダム女子大学大学院人間文化研究科人間文化専攻編『文化の航跡:創造と伝播』思文閣出版: 118-136. https://t.co/CLOw4hH4a0 ジャーヒリーヤ時代のアフバール文学についてはこちらも。
山本薫(2001)「ジャーヒリーヤの盗賊詩人サアーリークの類型化試論:実像と虚像の間で」『日本中東学会年報』16: 111-138. https://t.co/mxLAX4l0Ag なんと未クリップ。盗賊文学・悪漢文学の主人公サアーリク詩人は脱・反ー部族的存在だったとの分析が興味深い。伝記文学アフバールに基づく研究。
RT @bowwowolf: 今更ながら満井佐吉(翼賛選挙で当選)のやばさに気づいている。神国がどうのとか言いまくってる満井の著作が国会図書館デジ・コレクションでタダで読めるので『世界時局と神国日本』(愛国労働農民同志会)をめくっていたら、ラストでいきなり神道天行居の宣伝になり…
https://t.co/F6fUobmMoi この論集の第2章E.K.Rowson論文がアッバース朝期バグダードの異性装について論じている。男装する女性はグラーミーヤ<グラーミーヤートと呼ばれたと(別に仕事と関係ないが,なんとなくメモ)。
RT @hata_kpu: 善教将大・秦正樹(2017)「なぜ 「わからない」 が選択されるのか :サーベイ実験による情報提示がDKに与える影響の分析」が公開されたらしい。この論文,公共政策学会の論説賞もいただいたやつです。https://t.co/f71G9hBuJW
福田 智子ほか - 同志社大学文化情報学部蔵『源氏絵所屏風言葉書』翻刻と考察(行幸巻~幻巻) https://t.co/d6KuPYSXwu
半田 美永 - たのむべき杖はこのふみ : 正岡子規・俳句革新への道のり 皇學館大学リポジトリ https://t.co/8shFq0qN5a
田中 康二 - 本居宣長『おもひ草』の研究 https://t.co/oZwcBNxnOh
白石 佳和 - 『コロニア万葉集』と『台湾万葉集』から照射する Performance Literature の可能性 https://t.co/0o4jOesh3h
鈴木 貴子 - 平安前期物語の「爪弾き」―『落窪物語』を中心に― https://t.co/yPgdnvsiSz
迫田 博子 - 葉石濤作品のなかの「日本」 ─「獄中記」を中心に─ https://t.co/0hP3p2ez8c
RT @saisenreiha: 藤波伸嘉「オスマンとローマ―近代バルカン史学史再考―」『史学雑誌』 https://t.co/Gi41smXPKX によれば、オスマン帝国は多種多様な正当性を見に纏っており、ムスリム・非ムスリム問わず近世オスマン人にとってビザンツ=ローマ帝国は…
RT @NDLJP_en: Baba Bunko, a legendary storyteller in the Edo period, wrote more than a dozen books. Read more about them here! #ndldigital…
RT @KURODA_KENJI: @khargush1969 ちなみに私のなかで中国ムスリムの食というと強い印象が残っているのは、 砂井紫里(2000)「中国東南沿海部・回族における<食べ物>としてのブタと宗教・民族アイデンティティ」『早稲田大学大学院文学研究科紀要』46:…
RT @MValdegamas: 荒川雪「建国初期の中国外交部での組織構築に関する一考察─中国外交部档案を手がかりに」『アジア文化研究所研究年報』54巻(2020年)https://t.co/GeSs46S4sg 最近の注目だとこちらもですね。
RT @MValdegamas: 「日本再軍備の起源―米国政府内における検討の開始と頓挫,1946年~1949年」『近畿大學法學』66巻3・4号 https://t.co/LRzkCBwS1d 「歪な制度化―安保条約・行政協定交渉における日米同盟,1951-52年」『近畿大學法…
RT @MValdegamas: 「日本再軍備の起源―米国政府内における検討の開始と頓挫,1946年~1949年」『近畿大學法學』66巻3・4号 https://t.co/LRzkCBwS1d 「歪な制度化―安保条約・行政協定交渉における日米同盟,1951-52年」『近畿大學法…
RT @MValdegamas: 吉田真吾「日本再軍備の停滞―米国政府による不決断の過程と要因,1949年9月~1950年8月」『近畿大學法學』67巻3・4号(2020年)https://t.co/NaxL8jqjNk リポジトリ登録されておりました。
RT @MValdegamas: 荒川雪「建国初期の中国外交部での組織構築に関する一考察─中国外交部档案を手がかりに」『アジア文化研究所研究年報』54巻(2020年)https://t.co/GeSs46S4sg 最近の注目だとこちらもですね。
RT @MValdegamas: 「日本再軍備の起源―米国政府内における検討の開始と頓挫,1946年~1949年」『近畿大學法學』66巻3・4号 https://t.co/LRzkCBwS1d 「歪な制度化―安保条約・行政協定交渉における日米同盟,1951-52年」『近畿大學法…
RT @MValdegamas: 「日本再軍備の起源―米国政府内における検討の開始と頓挫,1946年~1949年」『近畿大學法學』66巻3・4号 https://t.co/LRzkCBwS1d 「歪な制度化―安保条約・行政協定交渉における日米同盟,1951-52年」『近畿大學法…
RT @MValdegamas: 吉田真吾「日本再軍備の停滞―米国政府による不決断の過程と要因,1949年9月~1950年8月」『近畿大學法學』67巻3・4号(2020年)https://t.co/NaxL8jqjNk リポジトリ登録されておりました。
荒川雪「建国初期の中国外交部での組織構築に関する一考察─中国外交部档案を手がかりに」『アジア文化研究所研究年報』54巻(2020年)https://t.co/GeSs46S4sg 最近の注目だとこちらもですね。
「日本再軍備の起源―米国政府内における検討の開始と頓挫,1946年~1949年」『近畿大學法學』66巻3・4号 https://t.co/LRzkCBwS1d 「歪な制度化―安保条約・行政協定交渉における日米同盟,1951-52年」『近畿大學法學』65巻2号https://t.co/Lfo5U6053R コンスタントな発表が続いておられますね。
「日本再軍備の起源―米国政府内における検討の開始と頓挫,1946年~1949年」『近畿大學法學』66巻3・4号 https://t.co/LRzkCBwS1d 「歪な制度化―安保条約・行政協定交渉における日米同盟,1951-52年」『近畿大學法學』65巻2号https://t.co/Lfo5U6053R コンスタントな発表が続いておられますね。
吉田真吾「日本再軍備の停滞―米国政府による不決断の過程と要因,1949年9月~1950年8月」『近畿大學法學』67巻3・4号(2020年)https://t.co/NaxL8jqjNk リポジトリ登録されておりました。
RT @saisenreiha: 藤波伸嘉「オスマンとローマ―近代バルカン史学史再考―」『史学雑誌』 https://t.co/Gi41smXPKX によれば、オスマン帝国は多種多様な正当性を見に纏っており、ムスリム・非ムスリム問わず近世オスマン人にとってビザンツ=ローマ帝国は…
科研費で、「日本中世の帳簿様文書に関する研究」なんてしていたんだ。 「東大寺文書の帳簿類を収集・検討するとともに、『鎌倉遺文』に収録されている帳簿類の検討を行った。」 https://t.co/PBL0I5j5bz やばい。楽しそう。
RT @saisenreiha: 藤波伸嘉「オスマンとローマ―近代バルカン史学史再考―」『史学雑誌』 https://t.co/Gi41smXPKX によれば、オスマン帝国は多種多様な正当性を見に纏っており、ムスリム・非ムスリム問わず近世オスマン人にとってビザンツ=ローマ帝国は…
RT @shimotukenokami: 研究代表者川岡勉『中世後期守護権力の構造に関する比較史料学的研究』科研報告書 https://t.co/mCceoQaq0i すでにいくつかの大学図書館には入っているようだ。 (-_-;)。oO(受入先図書館には入らないだろうな・・・も…
独立行政法人 国立公文書館 アーキビスト養成・認証制度調査報告書/ . レコード&インフォメーションマネジメントジャーナル (via CiNii Articles). https://t.co/yRHGX5ex0x
RT @shimotukenokami: 研究代表者川岡勉『中世後期守護権力の構造に関する比較史料学的研究』科研報告書 https://t.co/mCceoQaq0i すでにいくつかの大学図書館には入っているようだ。 (-_-;)。oO(受入先図書館には入らないだろうな・・・も…
研究代表者川岡勉『中世後期守護権力の構造に関する比較史料学的研究』科研報告書 https://t.co/mCceoQaq0i すでにいくつかの大学図書館には入っているようだ。 (-_-;)。oO(受入先図書館には入らないだろうな・・・もうしばらく待つか。相互利用もストップしているみたいだし・・・)
村上優子「コプトの断食」 https://t.co/oVW3E8p5ID
RT @BungakuReportRS: 鬼束 芽依 - 考古学の先駆者としての吉田雀巣庵―『尾張名古屋博物会目録』を通して https://t.co/gkguhSwfAB
RT @BungakuReportRS: 福田 和維ほか - 物語生成システムへの蘊蓄生成機構の導入 https://t.co/m5TzFO8PL3
RT @BungakuReportRS: 鬼束 芽依 - 考古学の先駆者としての吉田雀巣庵―『尾張名古屋博物会目録』を通して https://t.co/gkguhSwfAB
RT @BungakuReportRS: 宮武 慶之 - 竹本屋五兵衛について https://t.co/wpSc0mAf7T
RT @BungakuReportRS: 阪野 智啓 - 室町時代やまと絵屏風の金・銀・雲母技法研究 https://t.co/z2t7yuDXPE
RT @BungakuReportRS: 小林 勇 - 翻刻 石橋庵真酔の未紹介洒落本『南陌翠楊柳』附、名古屋物繁昌記『風流花之都気余』 https://t.co/4Lfw5IK65b
RT @bowwowolf: 木下宏一「岸信介の盟友にして小池百合子の師父たりし職業的国家主義者・中谷武世の初期思想形成について」を読んだ。翼賛選挙で衆議院議員になり、戦後は日本アラブ協会会長として中東諸国との民間外交に邁進した中谷の前半生がわかり、なかなか興味深いものである。…
CiNii 論文 -  ネット社会における実況系ネットロアの伝播と活用 : 「口裂け女」と「きさらぎ駅」の比較から https://t.co/w0e6NBiZU0 #CiNii
RT:日記(にき)が筆者の私的な事柄を多く含むのに対して、日鑑(にっかん)は後世の亀鑑とするべく公事を詳細に書き残した最重要記録文書のこと、らしい J-STAGE Articles - 翻刻された近世寺院日鑑の活用方法について https://t.co/EeS8X5msCQ
量子マスター方程式は特異摂動論だという話がありますね。 博士論文「特異摂動理論から見た量子開放系の摂動的手法」 久木田真吾 https://t.co/SuNcNYDOap https://t.co/ll8QTTdYMJ
RT @iloha_train: ここら辺は、前から問題になっていた本邦の規格と国際規格(IEC規格だと低圧はAC1000V以下、DC1500V以下)のズレがモロに出ちゃってる感が…。 https://t.co/96EJmZ3yrB
アーキビストの視点(第6回)ブータンで学んだこと : ユネスコ「世界の記憶」地域能力強化ワークショップ「災害リスク管理と軽減のための文書遺産保存」に参加して/ . レコード&インフォメーションマネジメントジャーナル (via CiNii Articles). https://t.co/H9s4ecPTqn
海外記事・論文 クラウド・インテリジェント・コンテンツ・サービス : 2020年のRIMの展望/ . レコード&インフォメーションマネジメントジャーナル (via CiNii Articles). https://t.co/eLqfDXo9if
海外記事・論文 クラウドの迷子、個人情報漏洩の責任/ . レコード&インフォメーションマネジメントジャーナル (via CiNii Articles). https://t.co/QyHOElDhQz
新型コロナ「歴史的緊急事態」指定 議事録作成義務化への提案/ . レコード&インフォメーションマネジメントジャーナル (via CiNii Articles). https://t.co/qbh05IZvGC
時を貫く(第6回)公文書と「近代」/ . レコード&インフォメーションマネジメントジャーナル (via CiNii Articles). https://t.co/V8xljCaC0f
香川県立文書館 閉館25周年記念事業 公文書講演会 我国の公文書管理体制確立への試案 : 国立公文書館長時代の回顧から/ . 文書館紀要(via CiNii Articles). https://t.co/fxXpv4KfWq
小学校公文書「学校日誌」と香川県立文書館の役割 : 調査・研究・支援と学校アーカイブズ保存・利活用への提言/ . 文書館紀要(via CiNii Articles). https://t.co/K8X0yUKX6G
別所家文書「寛政十三年正月吉日 酉歳御用留」(九~十二月)/ . 文書館紀要(via CiNii Articles). https://t.co/lEkbNxGjoN
RT @R3000C: 消費者のライフスタイルを考慮したレジ袋の環境影響評価 https://t.co/83wmdj1FQu レジ袋の環境負荷について、買い物時とごみ捨て時の行動シナリオまで比較している、大変良い研究。 結果最後に「すべての消費者にとって一様に最適であるという…

1 1 1 0 IR 彙報

彙報/ . 滋賀大学経済学部附属史料館研究紀要 (via CiNii Articles). https://t.co/dgZfIAiMs8
〈史料目録〉瀬川喜三郎家文書目録/ . 滋賀大学経済学部附属史料館研究紀要 (via CiNii Articles). https://t.co/kYA8KJeDCs
〈研究ノート〉藤野四郎兵衛家大坂店近江屋熊蔵の事業/ . 滋賀大学経済学部附属史料館研究紀要 (via CiNii Articles). https://t.co/KYQtbZBFom

フォロワー(1169ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

@lm8_sp 不殺生と自殺に関してはかなり混み入った研究成果があるようです。究極、自殺ならびに自殺幇助は事実上認めていたと考えて良いようですね…!しかし、出家修行者における死生観が現代とは異なる?という点も重要かと! https://t.co/AjEuSSvFP8 https://t.co/8zDYwqxdYI https://t.co/eOhPqeUxKI
RT @nonori915: ざっと検索した限りでは、東博での展示は2013年以来らしい。他館での展示も見当たらず、7年ぶりの公開ということだろうか。 ColBaseは参照すべき文献を載せないので不便だ。秋山光和「「源氏物語絵巻」若紫図断簡の原形確認」かな。 https://t…
RT @nonori915: ざっと検索した限りでは、東博での展示は2013年以来らしい。他館での展示も見当たらず、7年ぶりの公開ということだろうか。 ColBaseは参照すべき文献を載せないので不便だ。秋山光和「「源氏物語絵巻」若紫図断簡の原形確認」かな。 https://t…
RT @hshinz: 川辺川ダムは治水の最大受益者である人吉市住民の反対が大きかったという珍しい特徴がある。その理由は市房ダムによってかえって被害が大きくなったという体験だが、それは丁寧な説明がなされなかったことによる誤解という考察 https://t.co/NXAtoQzH…
RT @nanayoh: どうして海岸にはイチジク浣腸が落ちてるんだろうという疑問に答える論文があった https://t.co/nB5O1JDsdI 使用済み浣腸容器の由来はほとんどが日本
RT @digitalarchivej: [C44] 文化継承の場における情報技術の在り方 (原 翔子さん. 東京大学大学院学際情報学府) https://t.co/oGZKIwtF69
RT @digitalarchivej: [C42] デジタルアーカイブにおけるDOIなどの永続的識別子の利用 (時実 象一さん. 東京大学情報学環) https://t.co/aWmPgRBjPP
RT @digitalarchivej: [C34] 統一著作権指令でデジタルアーカイブ化を推進する欧州 (城所 岩生さん. 国際大学) https://t.co/KD9yOjgJSz
RT @digitalarchivej: [A24] 参加型コミュニティ・アーカイブのデザイン: デジタル・ストーリーテリングや参加型まちづくりの融合 (真鍋 陸太郎さん. 東京大学大学院) https://t.co/1Ciop5rAEz
RT @digitalarchivej: [C33] デジタルアーカイブシステム及びソフトウェアの品質管理標準化に向けた課題整理: デジタルアーカイブアセスメントツールと産業規格の対応付けに着目して (大橋 正司さん. サイフォン合同会社) https://t.co/Q474f…
RT @digitalarchivej: [B33] 「阪神淡路大震災取材映像アーカイブ」の取り組み: 四半世紀を経てのアーカイブ公開 その目的と課題  (木戸 崇之さん. 朝日放送テレビ(株)) https://t.co/UON0gaBQ0S
RT @digitalarchivej: [B44] データで見るタカラジェンヌ: 「在団期間」と「退団」についての集計 (坂部 裕美子. 公益財団法人 統計情報研究開発センター) https://t.co/gJCWxLo3G3
RT @digitalarchivej: [C21] 国の分野横断型統合ポータル「ジャパンサーチ」: 正式版公開に向けて (高橋 良平さん. 国立国会図書館) https://t.co/ViW4sWwDmX
RT @digitalarchivej: [C22] 多面的・多角的な視座を育むデジタルアーカイブ活用授業の提案: ジャパンサーチの教育活用 (大井 将生さん. 東京大学大学院学際情報学府) https://t.co/yu6lzSj2iY
RT @digitalarchivej: [C23] 科博の統合データベース:科学系博物館のデータベースの一例として (大野 理恵さん. 国立科学博物館) https://t.co/YkhKweemdz
RT @digitalarchivej: [B31] 未組織化映像のアーカイブおよび利活用手法の研究: 中部大学放送研究会番組映像を事例として (安永 知加子さん. 中部大学) https://t.co/Lu9F3pJCuS
RT @digitalarchivej: [B13] デジタルコンテンツと継続性: 明治大正期書画家番付データベースを例に (小山田 智寛さん. 東京文化財研究所) https://t.co/L1EGFRFWrS
RT @digitalarchivej: [A44] 歴史地震研究とデジタルアーカイブ (加納 靖之さん. 東京大学) https://t.co/CIvbVJXdpv
RT @digitalarchivej: [A42] 防災ワークショップを活用した災害写真の収集とデータベース化: 災害アーカイブぎふの取り組みから (小山 真紀さん. 岐阜大学) https://t.co/WAmScqpK4s
RT @digitalarchivej: [A32] 写真の里帰り: 米国所在の戦後日本の写真を地域へ還元するプロセスとその課題 (佐藤 洋一さん. 早稲田大学) https://t.co/njYh5O4FWO
RT @digitalarchivej: [A21] 祭りの準備に着目したデジタルアーカイブの構築: 美濃まつりの記録を例として (林 知代さん. 岐阜女子大学) https://t.co/vvaxsuIMHM
⇧ 写真①②は黒田基樹 編「史料紹介・上杉憲実文書集(2)─山内上杉氏文書集7」より https://t.co/PmiLhYOr3m 写真③は『伊東市史』所掲の上杉房定書状(424号) 写真④は吉川弘文館 編『花押・印章図典』より
RT @manju1635: 蓮田 隆志・米谷 均「近世日越通交の黎明」(『東南アジア研究』56-2、2019年) https://t.co/iMIvonJJj1
⇧ 写真①②は黒田基樹 編「史料紹介・上杉憲実文書集(2)─山内上杉氏文書集7」より https://t.co/PmiLhYOr3m 写真③は『伊東市史』所掲の上杉房定書状(424号) 写真④は吉川弘文館 編『花押・印章図典』より
RT @quiriu_pino: 小倉嘉夫, 倉恒康一, 中司健一, 長村祥知, 西田友広, 目次謙一「大阪青山歴史文学博物館所蔵「吉見家文書」の翻刻と解説」 大阪青山大学紀要 (11), 19-40, 2019-03-31 https://t.co/APh8zmluMa pd…
RT @MValdegamas: 「日本再軍備の起源―米国政府内における検討の開始と頓挫,1946年~1949年」『近畿大學法學』66巻3・4号 https://t.co/LRzkCBwS1d 「歪な制度化―安保条約・行政協定交渉における日米同盟,1951-52年」『近畿大學法…
RT @MValdegamas: 「日本再軍備の起源―米国政府内における検討の開始と頓挫,1946年~1949年」『近畿大學法學』66巻3・4号 https://t.co/LRzkCBwS1d 「歪な制度化―安保条約・行政協定交渉における日米同盟,1951-52年」『近畿大學法…
RT @MValdegamas: 吉田真吾「日本再軍備の停滞―米国政府による不決断の過程と要因,1949年9月~1950年8月」『近畿大學法學』67巻3・4号(2020年)https://t.co/NaxL8jqjNk リポジトリ登録されておりました。
RT @takahiko_mukai: 魚類学雑誌早期公開版に論文出ました. ミトコンドリアDNA の系統判別による岐阜県の河川・ダム湖への琵琶湖産ウグイの侵入状況 https://t.co/D9SkanIzSt 岐阜のオイカワは琵琶湖産がすごく侵入してたけど,ウグイはどう…
RT @quiriu_pino: 小倉嘉夫, 倉恒康一, 中司健一, 長村祥知, 西田友広, 目次謙一「大阪青山歴史文学博物館所蔵「吉見家文書」の翻刻と解説」 大阪青山大学紀要 (11), 19-40, 2019-03-31 https://t.co/APh8zmluMa pd…
https://t.co/coRqCDgFxG (PDFページへのリンク) 本中 真「橘俊綱名園選考と、その政治的背景」 に載っている平安時代の各庭園の作庭時期の一覧表がいい。こんな表があるなんて。庭園の議論は室町時代以降ばかりかと思っていた。 https://t.co/OMublNHWYR
RT @saisenreiha: 藤波伸嘉「オスマンとローマ―近代バルカン史学史再考―」『史学雑誌』 https://t.co/Gi41smXPKX によれば、オスマン帝国は多種多様な正当性を見に纏っており、ムスリム・非ムスリム問わず近世オスマン人にとってビザンツ=ローマ帝国は…
RT @NDLJP_en: Baba Bunko, a legendary storyteller in the Edo period, wrote more than a dozen books. Read more about them here! #ndldigital…
RT @shimotukenokami: 研究代表者川岡勉『中世後期守護権力の構造に関する比較史料学的研究』科研報告書 https://t.co/mCceoQaq0i すでにいくつかの大学図書館には入っているようだ。 (-_-;)。oO(受入先図書館には入らないだろうな・・・も…
科研費で、「日本中世の帳簿様文書に関する研究」なんてしていたんだ。 「東大寺文書の帳簿類を収集・検討するとともに、『鎌倉遺文』に収録されている帳簿類の検討を行った。」 https://t.co/PBL0I5j5bz やばい。楽しそう。
RT @shimotukenokami: 研究代表者川岡勉『中世後期守護権力の構造に関する比較史料学的研究』科研報告書 https://t.co/mCceoQaq0i すでにいくつかの大学図書館には入っているようだ。 (-_-;)。oO(受入先図書館には入らないだろうな・・・も…
RT @shimotukenokami: 研究代表者川岡勉『中世後期守護権力の構造に関する比較史料学的研究』科研報告書 https://t.co/mCceoQaq0i すでにいくつかの大学図書館には入っているようだ。 (-_-;)。oO(受入先図書館には入らないだろうな・・・も…
研究代表者川岡勉『中世後期守護権力の構造に関する比較史料学的研究』科研報告書 https://t.co/mCceoQaq0i すでにいくつかの大学図書館には入っているようだ。 (-_-;)。oO(受入先図書館には入らないだろうな・・・もうしばらく待つか。相互利用もストップしているみたいだし・・・)
CiNii 論文 -  ネット社会における実況系ネットロアの伝播と活用 : 「口裂け女」と「きさらぎ駅」の比較から https://t.co/w0e6NBiZU0 #CiNii
RT:日記(にき)が筆者の私的な事柄を多く含むのに対して、日鑑(にっかん)は後世の亀鑑とするべく公事を詳細に書き残した最重要記録文書のこと、らしい J-STAGE Articles - 翻刻された近世寺院日鑑の活用方法について https://t.co/EeS8X5msCQ
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです またこれも、論文とはちょっと違うようですが… 栁田 國男「備後国世羅郡大田庄記事 (髙野山文書研究 第七冊)」 民俗学研究所紀要 43(別冊), 2019-03 https://t.co/1DF5w63dt7
CiNii 論文 -  茨城県大洗町における「ガールズ&パンツァー」がもたらす社会的・経済的変化 : 曲がり松商店街と大貫商店街を事例に https://t.co/JJs6htAmcK #CiNii
RT @Naga_Kyoto: 益田 理広『唐宋易学における「地理」の語義の変遷』 地理空間 11(1), 19-46, 2018 https://t.co/y5xyywKxH2 「地理」の語義 (1)位置や現象の構造とする説 (2)認識上の区分に還元する説 (3)形而上の原…
というわけで、読み忘れていたこれを読んでいるところです。前提となる『戦国期細川権力の研究』はWebで公開済みの論文を除いてほぼ未読なので、あれですけど……。 https://t.co/Gkf8XiOkH2