著者
横山 ちひろ 村山 美穂 田原 強 尾上 浩隆 村山 美穂 田原 強 尾上 浩隆
出版者
独立行政法人理化学研究所
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2007 (Released:2007-04-01)

コモンマーモセットの示す社会性における、遺伝子/環境-行動連関の分子基盤を明らかにするために、セロトニン、ドーパミン、性ステロイドおよびバソプレシン神経伝達等に係る遺伝子多型の調査および陽電子断層撮影装置(PET)による脳内生体分子イメージングを遂行した。社会性行動の定量評価しそのスコアと遺伝子多型および脳内分子局在活性との関連性を明らかにするとともに、親子分離による社会行動への影響を明らかにした。

言及状況

Twitter (6 users, 8 posts, 7 favorites)

社会性に関連する脳内分子の遺伝 環境相互作用メカニズムの解明 https://t.co/83dPaoy9cL #コモンマーモセット #遺伝子多型 #脳分子イメージング #セロトニン #養育環境 #個体間コミュニケーション… https://t.co/yWm1lLsvRe

収集済み URL リスト