著者
岡田 只士 榊 利之 橘高 敦史
出版者
富山県立大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2020-04-01

近年、血中ビタミンD(VD)濃度が炎症性腸疾患(IBD)症状の悪性化リスクと強く関連することが報告されている。本研究ではVDとIBDとの関係性を、動物モデルを使用して広く解析し、VDをIBDの治療や予防に活用することを目的とする。具体的には、①腸炎モデルにVDを投与し、VDの IBDに対する治療効果や医薬品応用への可能性を検討する、②VD欠乏モデルの消化管病態を解析し、IBD病態とVDとの関りを理解する、という二つの視点から研究を遂行する。 上記の研究を通して、食事やサプリメントによるVD摂取をIBDの治療や予防に繋げ ることを最終目標に本研究を推進する。

言及状況

Twitter (5 users, 6 posts, 22 favorites)

#ビタミンD の消化管炎症に対する関りと新規炎症性腸疾患治療戦略 血中ビタミンD濃度が #IBD 症状の悪性化リスクと強く関連することが報告されている。 #潰瘍性大腸炎 #クローン病 https://t.co/ZebZcjBY4Y

収集済み URL リスト