著者
堀井 洋一郎 野中 成晃
出版者
宮崎大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2009

西日本各地でイノシシ猟犬の血液中抗体検査と、糞便内虫卵検査を行ない、肺吸虫感染状況を調査した。国内の犬に感染する肺吸虫は、ウェステルマン肺吸虫、宮崎肺吸虫および大平肺吸虫の3種であり、前2者は人へも感染する人獣共通寄生虫である。中国、四国および近畿の各県で131人のオーナーにより飼育されていた441頭のイノシシ猟犬の抗体検査の結果、195頭(44. 2%)が陽性であり、肺吸虫に感染していることが示唆された。

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 4 favorites)

@moriyuu_ https://t.co/jHGaJ2OMGu 下の方の「研究概要」読むだけでわかるヤバさ。猪猟に使う犬には猪肉を与えてモチベupさせることが多いのですが、調べてみたらワンちゃん肺吸虫まみれになってたよ!って話

収集済み URL リスト