著者
田村 美由紀
巻号頁・発行日
2009 (Released:2009-04-01)

本研究では,睡眠不足時の社会認知機能への影響について,機能的核磁気共鳴画像法(fMRI)を用いて検討を行った.社会認知機能の1つであるミラーニューロンシステム(MNS)と共感が関連する,脳の機能領域に着目し,痛みを伴う行動認知や表情認知刺激を用いた実験を実施した.その結果,睡眠不足時には情動に重要な役割を持つ島皮質において,痛みや恐怖の表情といったネガティブな刺激に対して強く賦活する事が明らかとなった.

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 3 favorites)

@sinnnosuke1005 https://t.co/TqD01y36uo ニューミーロンで2つの記事に行き着きました。参考にして下さい。 感覚過敏、感覚鈍麻とは?発達障害との関係、子どもの症状、対処方法まとめ… https://t.co/wIif1Nrkxa
@wanderland1124 追加ごめん。覚醒度が低いと他者からマイナスの影響しか受けないという論文。論文本体はみつからないのでサマリーだけ。 https://t.co/plly2BVNtu
なんだこれっていうか応用人類学ってほんとか Browsing: "KAKEN - ミラーニューロンシステムからみた睡眠不足時の危険認知機能への影響と個体差の検討(21770269)" http://t.co/jAErjfQ8

収集済み URL リスト