著者
戸高 七菜
出版者
一橋大学
雑誌
研究活動スタート支援
巻号頁・発行日
2009 (Released:2009-04-01)

自傷行為経験者へのインタビュー調査により、行為者は二つの目的をもって自傷行為を行うことがわかった。自傷行為の第一の目的は不快気分の解消である。自傷行為によって、現実感が喪失しているように感じられる離人感や抑鬱感などを、軽減するために行うものである。二つ目の目的は、他者との関係に変化を起こすことである。自傷行為の原因についてはまだ明らかになっていないが、幼少期にトラウマ体験に遭遇している場合が多い。

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 1 favorites)

こんな研究ありました:自傷行為の現状と本質を明らかにするための実証研究(戸高 七菜) http://t.co/FUcl6bFzXp

収集済み URL リスト