著者
嶋崎 善章
出版者
秋田県立大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2010

本研究は、外来生物法施行当初と現在の八郎湖のレクリエーション利用価値を推定し比較した。実際に釣りで訪れた人々を対象にしたアンケート調査と過去に収集されたデータを基に、トラベルコスト法で推定した年間の利用価値は、2003 年から 2011 年の間に推定で 3分の1以下(6.1 億円→1.8 億円)に減少していることが分かった。

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 19 favorites)

規制影響分析には個人的に興味がありますが、八郎湖について既に実施されていますね。釣りをされる皆様、如何でしょうか? 科研費基盤研究(C) 八郎湖における環境資源と外来生物規制の影響評価 https://t.co/Ti5cs08Cjj #八郎湖 #八郎潟 #規制影響分析 #秋田県 #バス釣り #外来魚 #オオクチバス

収集済み URL リスト